KININARU! KUMAMOTO

くまもとの最新情報満載! 気になる!くまもと

会員登録

  • 復興
  • スポーツ
  • 行く
  • 食べる
  • 知る
  • くまモン
  • プレゼント

くまモンの熊本弁のたび
#12 杖立温泉の蒸し場
[阿蘇郡小国町]

Share

知られざるくまもとの魅力を探して、県内各地をくまモンがぶらり旅。今回は、天然の温泉蒸気を使って、いろんな食材を蒸すことができる「杖立温泉」の蒸し場に行ってきたモン★

くまモン「今日は小国町へ来たモン★」

熊本市から阿蘇外輪山を越え、車で約2時間。大分県との県境に近い阿蘇郡小国町に来ました。美しい森林や渓谷が多数あり、四季を通してさまざまな景色を楽しめる町です。
令和6年度から発行される新しいお札の顔に選ばれた医学者・北里柴三郎博士の故郷としても有名ですね。そして、町のあちこちにある、蒸気吹き上がる温泉街も魅力です。中でも杖立温泉は、1800年以上昔から湯治場として長く愛されてきた歴史ある温泉街です。

「杖立温泉へようこそ!」

「杖立温泉観光協会」の瀬津田 晴美さんが迎えてくれました。

早速、案内してくれたのが、もくもくと蒸気が吹き上がるこのスポット。温泉の蒸気を利用した天然の台所「蒸し場」です。杖立温泉では昔から、住民や湯治客が蒸気を使って炊事を行ってきたそうです。

現在は4ヵ所の蒸し場が設置されていて、観光客も無料で利用できます。

観光駐車場近くの蒸し場横には、蒸した料理を食べられる屋根付きのテーブル席もあるので、ありがたいですね。そして左側に見えるのは…。

なんと、食べ物の自動販売機!
蒸し料理用の食材が販売されているのです。

1かご500円(100円玉5枚の準備を!)。
食材は、卵以外は季節によって変わるそう。手ぶらで来ても蒸し料理を楽しめるのは、ありがたいですね!

蒸し場の使いかたをお教えしますね。
まずは、台の下においてあるせいろにすのこを敷きます。

食材を並べていきます。ザルやカゴなどを持ってきておくと便利です。また、肉や魚を蒸す場合は、油が下に落ちないよう、ボウルなど油受けを下に敷くようにしてくださいね。

食材を並べたら、せいろを蒸気の上に乗せて…。

ふたをします。このまま待ちましょう!
蒸し時間は、食材にもよりますが、卵なら15分、サツマイモなら30分くらいが目安。

もちろん、食材の持ち込みもOK。とにかく何を蒸してもおいしくなるというので、いろんな食材を準備してみました!途中、物産館で買った阿蘇産のソーセージや、プチトマト、シイタケ、キャベツ…。火が通りにくそうなカボチャも。タマネギは丸ごと入れてみます!

天草産のタイには塩を振り、下に野菜と昆布を敷いて酒蒸しに…!アサリも酒蒸しにします。カキやヒオウギ貝なども蒸すとおいしいかも!

「蒸しパンも蒸せますよ」との瀬津田さんからの情報を得て、ホットケーキミックスで簡単蒸しパンも作ってみることに!上手くできるでしょうか…?

食材たちは、蒸気の中へ…。

さて、蒸し上がりを待つ間に、ちょっと温泉街を散策してみましょう。

杖立川沿いに温泉宿が建ち並び、温泉の蒸気がもくもくと湧くレトロな景色にうっとり。

路地裏エリアに入ると、「背戸屋」と呼ばれる迷路のように細い道が入り組んだ街並みが現れます。昭和時代に宿が増改築を繰り返したことで生まれた景色、まさに昭和レトロです!

4〜5月にかけて、杖立川に3500匹もの鯉のぼりが舞う「鯉のぼり祭り」も有名な杖立温泉。「紅葉橋」には、絵馬ならぬ「絵鯉」にお願い事を書いてかけられます。「絵鯉」は橋のたもとの「ふるや工房」前で販売されています。

川沿いを歩いて…。

無料の足湯や、歩きながら足のツボを刺激する「踏み湯」も楽しんで…。

戻ってきたところで、ちょうど蒸し上がったようです!

いい感じ!

卵はちょっと割れてしまいましたが、「この割れてはみ出たところが、ほんのり塩味が付いておいしいんですよ!」と瀬津田さん。

さあ、ズラリ蒸し上がりました!ちょっとしたパーティのようです!

では、瀬津田さんにもいただいてもらいましょう。お味はどうでしょうか…?

熊本弁クイズ!

「えげそ」の
意味はどっち?

正しいと思う方を押そう!

大正解!
不正解…

続きはモン題に答えてから!

タイは身がふっくらやわらかくて、おいしい!

卵は、殻の中までほんのり色付き、ちょっと塩味がつきます。これまたおいしい!

プチトマトの味がぎゅーっと凝縮されていて、おいしい!おいしい!おいしいっ!

アサリから染み出たエキスは、おいしいスープに。

カボチャもほっくり蒸し上がって、おいしい!温泉のミネラルのおかげか、蒸し場で蒸すと、食材の旨味が凝縮されています。さてさて、気になる蒸しパンはどうなったかな…?

もちもちに蒸し上がっていました!おいしい!

自然の蒸気が食材の旨味を最大限に生かしてくれる杖立温泉の蒸し場。温泉と合わせて、ぜひ楽しみたいスポットです!

Data

杖立温泉観光協会

  • 熊本県阿蘇郡小国町下城
  • 電話番号:0967-48-0206
  • ※蒸し場は、夜11時以降の利用は不可
  • ※ゴミを持ち帰る、
  • ※キレイに利用するなどマナーを守って利用を

さらに、温泉も案内してもらいました。

杖立温泉に来られたなら、やっぱり温泉は楽しんでいただきたいですね。蒸気の中に入る、杖立ならではの「むし湯」などもありますが、ぜひオススメしたいのが、共同浴場の利用です。

御前湯

御前湯

流泉湯

流泉湯

温泉街のため、自宅にお風呂がない家も多いそう。そんな人たちが普段使いする共同浴場が4ヵ所点在しています。どこも昭和レトロな内観で、広くはなくシャワーもありません。お湯を桶ですくって体を洗い、地元の人との交流も楽しんで…。そんな温泉街の楽しみ方は、杖立ならではかも!

基本的に無人で、料金は「湯銭箱」に入れます。

元湯

元湯

ちなみに、4つの浴場のうち、「元湯」は半露天風呂です。神功皇后が応神天皇を出産した際、産湯として用いたと伝えられる歴史ある温泉です。

なんと、道や川に面しており、あけっぴろげ!入るのにちょっと勇気がいりそうですが、開放感はすごそうです。

「杖立温泉観光協会」では、この4つの共同浴場巡りに使える「湯めぐりきっぷ」(5枚綴り1,000円・11枚綴り2,000円)を販売しています。体も心も温まる温泉に、ぜひ出掛けてみては?

くまモンの熊本弁のたび

バックナンバーはこちら

Back Number