熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみに編集室所属スタッフは1名で、今井さんのみ。家族は、妻のきょう子(45)と娘のアスカ(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.4 八代の赤レンガの今

編集室長 今井 皆さま、こんにちは。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
2016年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からして私は、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします
m( _ _ )m
 
今井さん、お盆休みはいかが過ごされましたか?
編集室長 今井 酔うてこほろぎと寝ていたよ
すべつてころんで山がひつそり
分け入つても分け入つても青い山
まつすぐな道でさみしい
 
あの、今井さん?まだお酒残ってます??
編集室長 今井 おや、ご存知ないとな。放浪の俳人で、自由律俳句の代表的俳人でもある、種田山頭火たねだ さんとうかの句でありますぞ。
 
へぇ~っ。
つまり今回はその方のゆかりの地を紹介いただくわけですね?
編集室長 今井 さようであります!八代市の日奈久ひなぐ地区の復興についてご紹介するであります。日奈久といえば言わずと知れた開湯六百年の歴史を誇る温泉街ですな。
 
  
編集室長 今井 昭和5年の9月、山頭火も日奈久を訪れております。
日記からは「温泉はよい、ほんとうによい、ここは山もよし海もよし、できることなら滞在したいのだが、いや一生動きたくないのだが」と、たいそう気に入った様子がうかがえますな。
 
一生動きたくないなんて、今井さんみたいですね。
編集室長 今井 たったったしかにお酒をたしなみながらゆったりするのも良いことですが…
それはひとまず置いといて…
その山頭火が3泊した木賃宿きちんやどが「織屋おりや」であります。織屋旅館は山頭火が宿泊した全国の木賃宿の中で唯一現存する建物でありますぞ。
しかしながらのちに紹介する織屋に隣接していた日奈久赤レンガ倉庫とともに熊本地震で傷ついてしまいました。崩れたレンガが織屋の建物に当たってしまったのであります。
 
  • 崩れた赤レンガ倉庫と織屋
編集室長 今井 織屋は復旧経費が高額であることから、今後の存続が危ぶまれたこともありました。
しかしながら!ふるさと納税の適用となるふるさと納税型クラウドファンディング(ガバメントクラウドファンディング)にて、全国の皆さまより多大なるご支援をいただき、無事に復旧工事を終えることができました。
 
ここにも人と人との絆や温かさが感じられますね。
  • 復旧途中の織屋
  • 復旧後の織屋
編集室長 今井 隣接する日奈久赤レンガ倉庫は織屋の別館として使われていました。この建物は大正10年 (1921) の建造物で、氷室ひむろやエビの乾燥場としても使われていたとされております。
震災前はまちづくりの拠点としても利用されておったのですが、解体されることになってしまいました・・・
しかし嘆くなかれ!
 
  • 解体後の赤レンガ倉庫跡
編集室長 今井 解体された日奈久赤レンガ倉庫の跡地に、レンガを再利用した「日奈久赤レンガ倉庫レンガのひろば」がつくられたのであります!
地域の方や地元の熊本高専八代キャンパスの学生、教員の方による手づくりの広場でありますぞ。
レンガを積み建て直しベンチにするなど、日奈久の観光名所の一つにとの思いが込められています。
 
  • 完成した日奈久赤レンガ倉庫 レンガのひろば
今回の地震で「日奈久断層帯」という言葉がよく聞かれましたな。風評被害もあってか、日奈久への観光客も減ったようであります。
ですが日奈久には、おもてなしの心で地域を活気付ける味わい深い「ひと」たちが活躍しているのであります!
日奈久温泉旅館「金波楼きんぱろう」の専務、松本啓佑さんは、若手地域おこしグループ 「TEAM I Love 日奈久」を結成し、イベントの運営や企画を通して、宿泊に結び付ける活動を行われております。
「地元だけの盛り上がりで終わらず、市内外から多くの人を呼び込みたい」との思いが伝わってきましたな。
 
  • 若手地域おこしグループ 「TEAM I Love 日奈久」
街を散策すれば、元気な日奈久の「ひと」に出会えるかもですね!
たゆまぬ復興へのまっすぐな道も、ともに歩く人がいれば寂しくはないですな。今も昔も変わらぬ人情のありがたさを思うこの頃であります。
9月には、山頭火シンポジウムや山頭火ウォーク、「織屋」の一般公開など山頭火一色に染まるようであります。
 
行ってみようかな!
今井さん!俳句を1句くださいよ!
ゴモゴモ…
では、お酒を一杯いただいてから!