熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみ編集室所属スタッフは1名今井さんのみ。家族は、妻のきょう子(45)と娘のアスカ(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.2 益城町
益城町の復興は今どうなってる?

編集室長 今井 皆さま、こんにちは。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
2016年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からして私は、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします
m( _ _ )m
 
今回はどこを紹介していただけますか?
編集室長 今井 今回は熊本地震で最も被害の大きかった地域の一つ、上益城かみましき郡益城町であります。益城町は熊本県の中央部に位置し、熊本市のベッドタウンとしても発展していた町であります。
 
空港やインターチェンジもあり、交通の要所にもなっていますよね。
編集室長 今井 しかしながら、この度の地震による被害は甚大なものでありました。
かけがえのない命と財産が奪われ、2年2ヵ月以上が経過した今でも多くの方が仮設住宅などでの暮らしを余儀なくされております。
 
  • 仮設住宅
  • 地震直後
    (寺迫地区)
  •  現在
  
編集室長 今井 全半壊約6,200棟、一部損壊を含め98%を超える住家が被害を受け、橋や水道管、下水道施設、道路などのライフライン、役場を含めた公共施設も多くの被害を受けました。
 
たいへんな被害でしたね。
  • 地震直後
    国道443号
    (寺迫地区)

  •  10日後
  • 地震直後
    (木山地区)
  •  現在
町内の幹線道路であった国道443号も壊滅的な被害を受けました。特に、寺迫てらさこ地区では大規模な路面陥没が起こるなど、国道の交通は一時的に麻痺し、町民の暮らしは大きなダメージを受けたのですよ。
 
復旧にも相当時間がかかったんでしょうね・・・。
それがですな、寺迫地区の国道443号の復旧作業は、派遣された専門家チームによる技術指導や重機投入が行われ、1週間で復旧する運びとなったのであります。この国道の開通により、迅速な物資輸送が可能となったのでありますぞ。
 
ボランティアの皆さんをはじめ、全国からの温かいご支援や励ましの言葉は身に染みるものがありましたな。益城町の人も、支援への感謝や復興への希望を手書きのメッセージにするなどして、町のいたるところに掲げていました。想いが伝わってまいりますな。
 
人と人との絆という資産を大切にしたいですね。
ですなですな!地震で失ったものもありましたが、絆という資産をわたくしたちは得ることができたわけですな。
今、益城町は「震災前より安心・安全なまちづくり」を目標に、復旧、復興に向けて長い道のりを歩いております。我々もともに歩み、支援に関わっていきたいものであります。
人と人の絆といえば、熊本地震からの復興の姿を描いたドラマ「ともにすすむ サロン屋台村」はご存知かな?
昨年10月に閉鎖された「益城復興市場・屋台村」を舞台にしたドラマなのであります。笑いあり、感動ありのストーリーですぞ。
まだ見てない方はこちらからどうぞ。
ともにすすむ サロン屋台村
 
ドラマのロケも実際に益城町で行われたんですよね!益城町に行ってみたくなりました!
ほほう!益城町に行くならば、ぜひとも立ち寄っていただきたいスポットがありますぞ。
 
教えてください!
食を通して益城町の“おいしい”と“今”が分かる『益城ファーマーズヴィレッジファム』でありますぞ。地元の新鮮な野菜や肉、手作りパンなどをお手頃価格で購入できるとあって、私の妻もよくここで買い物をしております。
 
娘のアスカは隣に併設されているカフェによく行っておりますぞ。外観はオシャレな見た目ですが、メニューはハンバーグやカレー、ヒレカツなどガッツリメニューも充実しておりますぞ。
詳しくはこちらをご覧ください【益城ファーマーズヴィレッジファム
 
今井さんも一緒に行くんですか?
そ、それがですな。最近娘がそっけなくてな・・・いやはや、困ったものですぞ。もっぱら一人で楽しんでおります。
 
楽しむのは結構ですが、おいしいからって食べ過ぎはダメですよ、今井さん。
!!!そういえば最近、私の体型がくまモンに似てきたと妻と娘に言われております・・・