熊本いま遺産
「今」しか見られない、体感できない
熊本のスポットを、「特設今遺産編集室室長」今井さんの
ピックアップで、ご紹介します!
今井 太郎(いまい たろう) 48歳
特設今遺産編集室室長。ちなみ編集室所属スタッフは1名今井さんのみ。家族は、妻の今日子(45)と娘の明日香(高校生)と、猫のナウの3人と1匹。唯一の趣味は、カメラだが、どうしてもカメラでなく写真機と言ってしまう。近頃の悩みは、メタボなお腹と、娘があまり相手にしてくれないこと。

File.1 熊本城
熊本城の復旧は今どうなってる?

編集室長 今井 皆さま、はじめまして。
この編集室は、日進月歩元気に、進化している熊本の今を後世に残すため組織されたものであります。はい。
2016年4月に起きた熊本地震は大きな爪痕を残しましたが、そこから熊本は一歩ずつ着実に元気になっております。その様子をわたくしが写真を撮り、記録に残してまいります。
からして私は、皆さまにその編集の過程を随時ご紹介してまいりたいと存じますので、よろしくお付き合いのほどくださいませ
m( _ _ )m
 
今井さん、よろしくお願いします
では、さっそく記念すべき第1回はどこを紹介していただけますか?
編集室長 今井 まずは何といっても熊本県民の心のよりどころ、熊本城でありますな。先の熊本地震では、石垣や大小天守をはじめ、甚大な被害を受けました。現在、復旧に向けた工事が城内全域で進められております。
 
  • 地震直後
    (長塀)
  •  現在
  
編集室長 今井 それではこちらから。
国指定重要文化財の長塀です。熊本城の周辺を囲む塀で、一部倒壊しました。長塀は西南戦争の前に一時撤去、後に復旧したもので、建設時は石落としもあったようです。2019年度に復旧予定で工事中とはいえ、深緑の季節は美しい眺めであります余談ですが、妻とのデートにも使った川向かいの遊歩道散策もオススメですぞ
 
・・・
お、お散歩デート、素敵ですね
ちなみに石落としは、城の郭に設置された防御設備のことであります。建物、城壁、石垣など、真下にいる敵の侵入を防ぐために、天守や櫓、塀などに出っ張った形で設置されたのであります。
 
そういえば「奇跡の一本なんとか」って、
崩れずに頑張って石垣一本で櫓を支えていたところがありましたよね?
  • 地震直後
    (飯田丸五階櫓)
  •  現在
  • 地震直後
    (奇跡の一本石垣)
編集室長 今井 きっと、それは城内にあるいいまるかいやぐらのことでしょうな。
石垣の一部が崩落。角石(すみいし)で櫓を支えていたことから地震直後は「奇跡の一本石垣」と呼ばれ、その姿に勇気付けられました今しか見ることのできない復旧の姿が観覧できるスポットであります。
 
  • 地震直後(櫓)
  • 現在
編集室長 今井 とは、守備兵が身を隠して敵を射撃したり、武具などを収めておく建物なんです。北十八間櫓は国指定重要文化財ですが、高さ20mの石垣とともに崩落。2028~32年頃の復旧予定であります。
 
なるほど~。
復旧までは長い道のりなんですね。
天守閣はどんな状況ですか?
  • 地震直後
    (天守閣)
  •  現在


編集室長 今井 復興のシンボルとして、最優先で復旧が進められている天守閣。2018年4月28日には、大天守屋根のシャチホコも設置を完了いたしました。2021年春頃に天守閣全体の復旧が完了する予定であります。天守閣の復興を心待ちにしておられる方も多いと思います。わたくし今井が今後の情報も逐次お伝えしていく予定でございます
今井さん期待しています
編集室長 今井 は、はい。恐縮です。m(_ _)m
ちなみにこちらは、熊本城の城内MAPであります。これを持って今の熊本城を見学するのもよいですぞ。

熊本城とお城のふもとにある桜の馬場城彩苑について、もっと知りたい方はこちらからどうぞ。
【桜の馬場 城彩苑】
http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/
「今井さんに聞いてみよう
熊本県内の知りたい今を、今井さんに聞いてみませんか?
何か気になることがあれば、プレゼント応募フォームから質問をどうぞ。
編集室長 今井 と、ところであなたは・・・!?
(写真提供)熊本城総合事務所