小岱山
トキワマンサク

4月上旬から5月にかけて、淡く色づいた可憐な花を咲かせるトキワマンサク。国内では、三重県の伊勢神宮と静岡県湖西市、そして熊本県の小岱山のみに自生する大変希少な植物で、環境省レッドリストでは絶滅危惧種に指定されています。その名は花が咲き乱れる姿から「満咲く」、「満作」を意味するともいわれ、縁起のよい花として多くの人々が鑑賞に訪れます。