国宝 青井阿蘇神社

806年に創建されて以降、球磨地方の鎮守として親しまれてきた「青井阿蘇神社」。平成20年(2008年)に本殿幣殿拝殿楼門が国宝指定を受けました。約400年前の慶長年間に造営された社殿には、桃山様式の華麗な装飾が施されているほか、中世の球磨地方独自の意匠を今に伝えています。春には桜、夏には蓮の花が門前を彩ります。