暮らしの道具 暮らしのごはん小代焼×南関あげ巻きずし

くまもとの暮らしに寄り添う、工芸品と郷土料理。
くまもとのコトを思いながら、
コトコトと上質な時間を紡ぐ豊かな暮らしを提案します。

小代焼ふもと窯

荒尾市などの県北の窯元を中心に作陶されている小代焼は国の伝統的工芸品に指定されています。寛永9年(1632年)の細川家の肥後転封に際し、豊前上野から移った陶工源七安左衛門が玉名郡南関町宮尾に登り窯を開いたのが始まりといわれ、加藤清正の御用窯として、後には細川藩の保護を受けて栄えました。

小代焼は、小岱山の麓から採取した「小代粘土」を用います。土に鉄分を多く含むため日常使いの器として人気です。代表的な技法は、灰や木灰の釉薬を器の表面に投げかけて模様を作る「打ち掛け流し」。釉薬の配合により青、黄、白小代の3系統に分かれるのが特徴で、その釉薬を器の表面に振りかけた流れで文様を表現します。

加藤清正の御用窯の発祥の窯と言われている「古畑窯跡地」のすぐそばにある「ふもと窯」。当主の井上泰秋さんと息子の井上尚之さんが、昔ながらの登り窯を使い作陶しています。父の泰秋さんは、小代焼の代表的な「打ち掛け流し」の技法を用い、江戸時代から400年以上続く代表的な技法で創作活動に取り組みます。

一方、尚之さんはスリップウェアという中世ヨーロッパで盛んに作られていた技法を用い、水で溶いた粘土を使って筆やスポイトで装飾します。流れるような曲線やにじみが、器に独特の表情を付け、盛る料理を引き立てます。尚之さんが意識するのは、使うほどに愛着が増して食事の時間が楽しくなるような、使い勝手の良い家庭の定番となる器です。

ふもと窯では、土はもちろん、粘土を作る水や窯を焚く薪も地元のものを使います。「資源を無駄にしたくないと思って作っています。限りある資源を器という形にしている。一度形にしたものを土に返すことはできないから、一つ一つの作業に愛情を込めて丁寧に作っています」と尚之さん。その土地を伝える佇まいを醸し出す器は、食卓が温かくなるような大らかな印象です。

小代焼ふもと窯

住所
荒尾市府本古畑1728-1
電話
0968-68-0456
営業時間
9:00~18:00
休日
なし(工房は日曜)

南関あげ巻きいなりずし

小代焼の窯元が点在する県北にある南関町の特産品は、「南関あげ」。島原の乱後、南関町に移住してきた伊予松山の人より伝えられたといわれています。バリッとした豆腐の薄揚げで、常温で3カ月ほど日持ちがする便利な食材。水分が染み込むとふっくらジューシーな食感になるので、みそ汁や煮しめに入れておいしくいただけます。

南関あげを
使ったレシピ

くまもとふるさと食の名人

島﨑 文江

>>熊本県地産地消サイト

南関あげは袋状になっていないので広い。
鍋やフライパンで煮含めるときには、
2つに折り曲げるとよい。

味付けした南関あげを広げて、端に酢飯を置いてきつめに巻く。まきすを使わず手できれいに巻ける。

撮影で使用した
井上尚之さんの器を
1名様にプレゼント!

素朴な風合いは、和食でも洋食でもお料理を選びません。
食卓に変化を付ける長皿は、重宝しますよ。

>>プレゼントの応募はコチラ