あなたにピッタリをナビゲート!
「熊本の鉄道」編

診断1旅の計画を立てるとき、
重視するのは?

  • A

    風景

  • B

    グルメ

どちらかを選ぶモン★

診断2あなたは海派?山派?

  • A

  • B

迷うモ~ン★

診断2旅の中で触れたいのは?

  • A

    自然

  • B

    歴史・文化

迷うモ~ン★

診断3旅には誰といっしょに行きたい?

  • A

    子どもや家族

  • B

    友達や
    パートナー

ボクならこっちだモン★

診断3鉄道の車内で食べるなら?

  • A

    やっぱり駅弁

  • B

    食堂車で
    コース料理

ボクならこっちだモン★

診断3散策するなら?

  • A

    市街地

  • B

    郊外

ボクならこっちだモン★

診断結果

あなたには・・・
特急 あそぼーい!
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

あなたには・・・
SL人吉
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

あなたには・・・
特急 A列車で行こう
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

あなたには・・・
おれんじ食堂
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

あなたには・・・
熊本市電
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

あなたには・・・
熊本電鉄
がオススメ!

詳しくはこちらをチェッくま!

友達も誘ってやってみるモン★

特急 あそぼーい!
はこんな鉄道!

外観にかわいい「くろちゃん」が101匹プリントされた「特急 あそぼーい!」。熊本の戦国武将の加藤清正の絵本を集めた図書室や木のボールのプール、寝転がってもOKな和室などが整備され、子どもが退屈することなく旅ができます。カラフルな車内が旅の気分を盛り上げてくれますよ。

特急 あそぼーい!

「特急 あそぼーい!」は、地震の影響により運休していますが、10・11月は運行区間を変更して、博多~ハウステンボス間を走ります。車内では、阿蘇地区や熊本県産の商品を中心に販売。運行状況をご確認の上、この機会にぜひご利用ください!(平成28年9月29日現在)

>>特急 あそぼーい!


SL人吉
はこんな鉄道!

噴煙を上げ、熊本~人吉を威風堂々と走る「SL人吉」。車窓からは、球磨川を望み、地元の方が列車に向かって手を振る姿に温かいおもてなしの心を感じます。内装は古き良き時代を思わせるクラシックなデザインで、旅を一層楽しいものにしてくれます。

くま川鉄道田園シンフォニー

毎週金・土・日曜、祝日に運行されているローカル線のくま川鉄道の「田園シンフォニー」は、春夏秋冬をイメージした観光列車。人吉駅横の人吉温泉駅を出発して人吉盆地平野部を東西に走ります。SL人吉と田園シンフォニーを組み合わせた列車の旅を満喫しましょう。

>>SL人吉
>>くま川鉄道田園シンフォニー


特急 A列車で行こう
はこんな鉄道!

ジャズの名曲「A列車で行こう」がBGM。大人の列車の旅が似合う「特急A列車で行こう」は、熊本駅から三角駅を結びます。車内は、高級感のある座席やステンドグラスが彩り、おとなの時間を演出します。バーも設けられ、デコポンのハイボールなど熊本ならではのカクテルもお楽しみいただけます。

三角西港

平成27年に世界遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産である「三角西港」は、三角駅からバスで約10分。日本初の近代的な港湾都市として整備され、レトロな情緒漂う港散策を楽しめます。

>>特急 A列車で行こう


おれんじ食堂
はこんな鉄道!

「おれんじ食堂」とは、九州西海岸を眺めながら沿線で採れる食材を使って提供されるフルコースの料理を楽しめる列車。沿線の魅力を感じ取りたいというという食いしん坊には魅惑のコンセプトです。季節ごとに変わりゆく、車窓から見える美しい海などの景色と旬のお料理で心もお腹も満たされます。

肥薩おれんじ鉄道

「おれんじ食堂」と同じ沿線を走るローカル列車の「肥薩おれんじ鉄道」。八代駅から鹿児島県川内駅まで、穏やかな不知火海と荒々しい東シナ海の景色の中をのんびりと進みます。より、景色を満喫したい方は時速35kmで走る「ゆうゆうトレイン」がおすすめですよ。

>>肥薩おれんじ鉄道


熊本市電
はこんな電車!

熊本市街地を走る路面電車。ガタゴトと走る姿はなんとも愛嬌があり、運賃は大人170円、小児(小学生以下)90円の均一料金。1日乗り放題の乗車券は、500円。途中下車して、市内の観光スポットの散策を楽しまれてはいかがでしょうか。

COCORO

市電開業90周年を記念して誕生した車両「COCORO」。熊本を訪れた観光客をおもてなしの心で迎えようと思いを込めた名称です。豪華寝台列車「ななつ星」を手掛けた工業デザイナー水戸岡鋭治氏デザインで、車内は木材がふんだんに使われるなどプレミアム感満載です!

>>COCORO旅


熊本電鉄
はこんな鉄道!

熊本市と合志市御代志間を結ぶ地域に密着した鉄道で、主に通勤通学などに利用されています。無料で自転車を持ち込むことができるのも特徴のひとつ。全国から車両を譲り受けたレトロな車両のため、鉄道撮影が趣味の『撮り鉄』さんのファンも多いそうです。HPでは、警笛をダウンロードすることができますので、『音鉄』さんも必見です。

5000形電車の愛称『青ガエル』。現在は運行していませんが、鉄道イベントの際に敷地内でお披露目されることも!?

くま電カレー

熊本電鉄の公式オンラインショップの人気商品は鉄道マンの情熱が込められた「くま電カレー」!ジューシーな阿蘇のあか牛や馬肉がゴロッと入り、辛口でうま味がたっぷりです。ほかにも、ショップではユニークな商品がそろいます。ぜひのぞいてみて!

>>熊本電気鉄道株式会社