「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > とっておき対決だモン!「菊池アイス」VS「みなまたスウィーツ」

とっておき対決だモン!「菊池アイス」VS「みなまたスウィーツ」「くまもとおやつ対決」

毎回くまもとの“とっておき”同士の対決をお届けする
「とっておき対決だモン!」。
今回対決するのは菊池のアイスとみなまたスウィーツのおやつ。
さぁ、あなたの“とっておき”は……どっち!?

対決その1アピールポイント対決!

菊池がまるっと詰まった
絶品アイス!

菊池市は西日本最大の酪農王国。自然の中でのびのび育った乳牛の新鮮で濃厚なミルクや、地元の豊富な果物や野菜を使って作るアイスを「菊池アイス」と呼んでいます。熊本県産のお米を使った“お米のロールアイス”や菊池特産のキクイモを使用した“キクイモアイス”など種類も盛りだくさん!菊池市内では、アイスめぐりも楽しめます。

洋菓子から和菓子まで
スウィーツの町・水俣!

水俣には昔から、たくさんの菓子店があります。その背景は、かつて盛んだった坑木の輸出業で、体を動かす労働者の方々が疲れを癒やすために甘いものを好んで食べていたからという説や、地元の奥様方が手土産にお菓子を買い求めることが多かったからという説があります。今では、菓子店が多いという特徴を活かし「スウィーツのまちづくり」に取り組んでいます。

対決その2素材対決!

糖度14度以上のメロンでつくるソフトクリーム

メロンの屋根が目印の「七城 (しちじょう)メロンドーム」では、七城産のメロンを使用した“生メロンソフト”が大人気!清らかな湧水と栄養豊富な土壌で育てられた最高のメロンを使って作られるソフトクリームは、みずみずしい果肉とミルキーなクリームのおいしさが相まった贅沢なおやつです。期間限定で赤メロンや、同じく特産のイチゴを使ったソフトクリームもあります。

写真:七城メロンドーム

無農薬栽培のみなまた茶スウィーツ

水俣はお茶の産地。寒暖差が大きい気候と肥沃な土壌がお茶の栽培に適していて、海から山までの高低差のある場所で作られるため、バラエティに富んだ風味のお茶ができます。菓子工房「アルルカン」では、無農薬栽培にこだわる「天の製茶園」の”みなまた茶“を使ったクッキーが作られています。一口噛めば、お茶の香りが広がり、苦味と甘味が程良い大人のおやつです。

写真:茶畑

対決その3周辺おもしろ対決!

ニンニクたっぷり!スタミナアイス?!

アイス専門工房「ツインスター」で販売されているのは、なんと“ニンニクアイス”!原料に、熊本県産のニンニクをすりおろして加え、香ばしいニンニクチップをのせています。ニンニクの風味がしっかりときいていながら、意外とサッパリしいてクセになるお味!?他にも、繊細な形が美しい“芸術ソフト”もあります。

写真:芸術ソフト

菊池アイスキャンペーンについての情報
>>菊池観光協会

見目麗しい上品スウィーツ

環境と健康をテーマにした「エコパーク水俣」のバラ園には、広大な敷地に750種類6500株のバラが華やかに咲き誇ります。「モンブランフジヤ」では、美しい水俣のバラにちなんで作った、ジャムやフロマージュ(チーズケーキ)、クッキー、生チョコが人気!繊細な酸味と甘みをバラの香りでまとった高貴なスウィーツです。

写真:エコパーク水俣

00モン

00モン