「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ  > くまもとRetro&Neo!カメラ日記 vol.7 日本遺産・人吉球磨

くまもとRetro&Neo!カメラ日記 vol.7 日本遺産・人吉球磨

日本でもっとも豊かな隠れ里

熊本県南の人吉球磨10市町村は、文化庁が今年度創設した日本遺産に認定されています。「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里-人吉球磨~」をテーマに、独自の文化が生まれたストーリーが日本の文化と伝統を語るものとして認められました。その背景は、領主・相良氏が、山地に囲まれた土地柄を生かして外からの侵入を拒み、「相良700年」と称される長きにわたる統治を行なう中で、領主から民衆までが一体となったまちづくりの精神が息づいたところにあります。

相良三十三観音めぐり「観音めぐり一斉開帳」

人吉球磨地方には、多くの社殿建築や仏像が現存しています。
毎年、春と秋のお彼岸にすべての観音堂が一斉開帳され、巡礼のみなさんをお迎えされます。

通称『猫寺』。千光山生善院を訪ねました

猫の怨霊を鎮めるために創建されたお寺。狛犬ならぬ狛猫がお出迎え♪
あちらこちらに猫のモチーフを見ることができますよ。

地元の方々のお茶や漬け物のお接待

おかあさん方の手作りの漬け物や煮しめなど田舎料理のごちそうがいっぱい!
巡る方に声をかけて、心温まるふれあいのひととき。

山合いに佇むJR肥薩線の大畑

日本で唯一ループ線の中にスイッチバックがある駅。
駅舎は、全国から訪れた人の名刺で埋められています。かつて使われていた蒸気機関車用の給水塔跡も。

昔ながらの共同浴場、人吉温泉「新温泉」

昭和時代そのままの温泉は木造の建物。
男女別の入口から入ると、真ん中には番台があります。看板や体重計などレトロな雰囲気にあふれています。

鍛冶屋町通りで体験しよう!「ウンスンカルタ」遊び

江戸時代に全国で流行した、南蛮カルタを模した日本初の「天正カルタ」。
寛政の改革で遊戯が禁止されたが、なぜか人吉球磨地方だけが残っているそうです。

およそ1200年前に創建!熊本県初の国宝指定「青井阿蘇神社」

朱色の橋を渡ると、桃山様式で建てられた、急勾配の茅葺き屋根の歴史ある楼門が。
本殿幣殿拝殿・楼門の五棟などが国宝指定されています。

足湯につかろう「人吉物産館」

青井阿蘇神社のそばにある物産館は、人吉球磨の特産品やお土産物がいっぱい。
球磨焼酎も勢ぞろいしているので、ぜひお土産に♪今日も素敵な一日でした♪


Data

人吉温泉観光協会

  • 住所 人吉市中青井町343-14
  • 電話 0966-22-1370

熊本県立美術館では、11月29(日)まで『日本遺産認定記念 ほとけの里と相良の名宝-人吉球磨の歴史と美-』と題して、人吉球磨の歴史と文化を紹介する展覧会が開催中されています。

>>熊本県立美術館