「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ  > くまもとRetro&Neo!カメラ日記 vol.2 長陽駅舎カフェ

くまもとRetro&Neo!カメラ日記 vol.2 長陽駅舎カフェ

みんなが集うのどかな駅舎カフェ

南阿蘇鉄道・長陽駅は無人駅ですが、土日祝日限定で駅舎カフェ
「久永屋」が開店します。駅舎カフェを営むのは、長陽駅の駅長さん。
自然の中に佇む木造の駅には、おのずとご近所さんが集まります。
南阿蘇鉄道の名物は、阿蘇五岳を臨む景色が楽しめるトロッコ列車。
長陽駅では、トロッコ列車の乗降はできませんが、少しの間停車してくれるので、
みんなで温かくお見送りしましょう。

おもてなしの待合室

待合室はワクワクスペース!写真や、本、パンフレット・・・。
駅長さんの心遣いで自由に飲める南阿蘇のお水とコップも置いてあります。

みんなにお土産♪お土産♪

駅長さんがいるときは、待合室でシフォンケーキやマフィンが売られています。
ご近所さんが作る野菜や卵が並べてあることも。

カフェでおやつの時間♪

早速カフェに。注文をして待つ間に、『知恵の輪』で頭の体操。
えーっと。えーっと。私には難しすぎます。

久永屋印のふわふわの幸福

駅長さんが作るシュワッと軽いシフォンケーキ。田園風景を眺めながらいただきます。
湧水で淹れるコーヒーは、やわらかくてすーっと染みいります。

『かき氷』はじまりました!

プラットホームもカフェの一部。外のテーブルで、列車を見ながらいただきます。
「男前かき氷」は、かき氷にアイスとフルーツが付いています。自家製シロップがとびきりおいしい!

次の列車は、どっちから来るー?!

駅舎には、近所の方や、子どもたちが遊びにきます。
トロッコ列車が停車したらシャボン玉の演出をしようと、みんなで練習中です。

遊び場はプラットホーム!

小さい子どもも大人も楽しめるみんなの駅なんですね。
みんなが顔見知りで、アットホームな雰囲気。初めて来ても常連さん気分です。

ひょいっと忍者参上の巻

トロッコ列車が停車すると忍者参上!乗客に手裏剣のごとく、お菓子を配ります。
短い時間で、端から端まで平等にお菓子を配るのも修行のひとつ?!

時がたつのも忘れてしまう南阿蘇時間

駅長さん、忍者、列車を待つ人、トロッコ列車に乗っている人、子どもたち。
たくさんのはじける笑顔に出会えました。今日もステキな一日♪


長陽駅舎カフェ久永屋

  • 住所 阿蘇郡南阿蘇村大字河陽3440-4 長陽駅舎内
  • 電話 0967-67-1107
  • 営業日 土日祝
  • 営業時間 11:00~18:00

トロッコ列車についてはこちら
※運行日にご注意ください
>>南阿蘇鉄道株式会社