「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > プロの料理人が伝授!くまもとの赤レシピ♪

プロの料理人が伝授!くまもとの赤レシピ♪

くまもとにはトマト・スイカ・あか牛・鯛・クルマエビなど豊かな自然で育った“赤い”農林水産物がいっぱい!まさに火の国熊本が生んだ大自然の“赤い”美味そんな食材を使ったとっておきのレシピをプロの料理人が伝授します!

とまとおでん

今週のくまもとの赤食材は「トマト」

熊本県は『トマト』の生産量と出荷量が全国1位!
県内の平坦地でも高冷地でも生産されているため、
年間を通じておいしいトマトが出回ります。
「くまもとの赤」を代表する熊本自慢の食材です。

日本中で食べられる熊本のトマト

県内各地で栽培されているトマトの、主な生産地は八代市。自然豊かな八代平野で育つトマトの多くが「はちべえ」のブランド名で全国に出荷されています。干拓地である畑の下には潮の道が通り、その上にできたトマトは『塩トマト』に。塩分濃度が高い土壌で育つことにより、実が小さくて皮が固く、うま味がギュッと詰まった実になるのです。また、「はちべえ」のドライトマトやケチャップなどの加工品も人気です。

今回の料理人 島崎 弥生さん

【プロフィール】
『おでん屋 小坊主』(熊本市)店長。料理人だった父の影響と趣味の魚釣りが高じて料理の道へ進む。イタリアの日本料理店などで修行。店では、全国のおでんを食べて研究し、アゴだし香るオリジナルおでんがいただける。屋外にもテーブルが並び、屋台にいるような雰囲気!


トマトを丸ごと味わい尽くす

トマトは、生だけではなく火を通して食べてもおいしい食材。トマトにおでんのだしを含ませると、酸味が和らぎ、滋味深い一品料理になります。丸ごといただくので、栄養の面でもおすすめですよ!熊本は野菜の種類が多く、食材がそろいやすい土地。さまざまな個性ある食材を一つにまとめて調和させるおでんを、ぜひ熊本食材で作ってみてください。


とまとおでん

材料(作りやすい量)

トマト・・・・・・・・・・・・・・・適量

おでんのだし・・・・・・・・・・・・適量

■トッピング(なくてもよい)

ネギ・・・・・・・・・・・・・・・適量

アラレ・・・・・・・・・・・・・・適量


    料理に使うおでんのだしは、2日目のおでんの汁がおすすめ!いろいろな味が染み出ているからおいしくなりますよ。
    トマト以外の具材があるときには、トマトだけ別の鍋で煮てください。


切り込みはNG!

トマトのガクを手で除き、斜めに包丁を入れてヘタを取る。


煮崩れる原因になるので、切り込みはいれない

トマトを優しく扱いましょう

トマトをお玉にのせて、沸騰したお湯に、そっと入れる。皮がむけてきたら、お玉で取り出し、冷水に漬ける。手で皮をむく。


トマトを冷ます水は、トマトが傷つかないように氷をいれない(トマトを冷ますときには氷を取り出す)

より味を染みこませます

2のトマトを容器に入れて、温めたおでんのだし汁をトマトが隠れるくらい注ぎます。冷めたら、冷蔵庫に入れて一晩寝かせます。


時間がないときは、この工程を省いてもOK

だしを含ませるように煮込む

3のだしを鍋に入れて温め、トマトを入れて弱火で煮る。


荷崩れを防止させるために、だしを沸騰させない

彩りよく♪

トマトに映える緑の野菜などを添えて、食感のよいアラレを散らして完成。

とまとおでんは、冷やしても◎!
その場合は、作りかたの3と4を逆にして煮込んだあとに、冷蔵庫で冷ましましょう。最後に、刻んだ大葉を添えるとサッパリいただけますよ。

おでん屋 小坊主

住所
熊本市中央区上通町11-20
電話
096-352-9450
営業時間
17:00~24:00(OS23:30)
定休日
なし