「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > プロの料理人が伝授!くまもとの赤レシピ♪

プロの料理人が伝授!くまもとの赤レシピ♪

くまもとにはトマト・スイカ・あか牛・鯛・クルマエビなど豊かな自然で育った“赤い”農林水産物がいっぱい!まさに火の国熊本が生んだ大自然の“赤い”美味そんな食材を使ったとっておきのレシピをプロの料理人が伝授します!

カライモとチーズのフライ

今週のくまもとの赤食材は「カライモ」

熊本では甘藷(サツマイモ)のことを『カライモ』とも言います。
阿蘇の裾野に位置する菊池郡大津町は県随一の生産地。
火山灰質の土壌で、水はけが良いと同時に適度な保水性もあり
カライモの栽培に適しています。

保存によって、おいしくなるカライモ!

カライモは、長期保存によって、実のでんぷんが甘い糖に変化しておいしくなります。その長期保存ができる貯蔵庫を考案したのは、大津町のある農家です。温度と湿度を調整する換気筒のついたコンクリート製の貯蔵庫のおかげで、年間を通してカライモを楽しむことができるようになり、今では全国的にこの方法で保存されています。

今回の料理人 東島 正彦料理長、塚本 健二さん

【プロフィール】
老人福祉センターと健康増進施設の機能を併せ持つ多機能型コミュニティ施設ウェルネススクエアー和楽(熊本市)内にある、『田園キッチン』。
店は、“身土不二”をモットーに野菜と穀物を中心としたヘルシーバイキング料理が楽しめる。


栄養満点!カライモを献立の一品に!

今回は、大津町や益城町で作られるカライモブランド「ほりだしくん」を使いました。「ほりだしくん」は、アクやえぐみが少なく、端までおいしく食べられます。また、ホクホクとした甘さのため、他の食材とも合わせやすく調理にも向いていますよ。カライモは、昔は米の代用として食べられていたほど栄養のある食材。積極的に取り入れたいですね。


赤米がゆ~ココナッツミルクかけ~

材料(作りやすい量)

カライモ・・・・・・・・・・・・・・・・1個

スライスチーズ・・・・・・・・・・・・・4枚

小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

溶き卵・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

パン粉・・・・・・・・・・・・・・・・・適量


  • チーズの塩気がカライモの甘みを引き出すので、味付けはしなくてもOK!
  • 3で、バラバラになるようだったら、爪楊枝を刺すとよい。

薄く切ると火が通りやすい

カライモを5ミリにスライスして、四方を切りそろえる。

カライモとチーズのミルフィーユ!

スライスチーズを、1の大きさに合わせて切り、
1のカライモと交互に重ねる。


一番上と一番下は
カライモになるようにする

バラバラにならないように、
しっかり手で押さえながら!

小麦粉をまんべんなく付けて、溶き卵にくぐらせ、パン粉をしっかり付ける。

キツネ色にカラリと揚げる

160℃に熱した油で揚げる


カライモは糖分があるため、
焦げやすいので注意する

切り口が楽しみ!

4を網に揚げて油を切り、お皿に盛り付ける。


あら熱をとったあとに切ると
切り口がきれい

カライモを丸ごとスープに!

カライモを使ったスープは、冷めてもおいしい!牛乳などの乳製品を使わずに作りました。飾りには、クッキー型で抜いたカライモと皮を素揚げしたものをトッピング!おしゃれに盛りつけたら、おもてなしの一品にもなります。

材料

  • カライモ・・1個(200g程度)
  • タマネギ・・・・・・・半分
  • 水・・・・・・・・・・1カップ
  • 塩・・・・・・・・・・適宜

すべての材料を鍋に入れて、火にかける。カライモに火が通ったら、あら熱をとりミキサーにかけて完成!

田園キッチン

住所
熊本市南区御幸笛田町西宮前1202
(ウェルネススクエアー和楽内)
電話
096-370-2244
営業時間
11:30~14:00OS
14:00~17:00(喫茶タイム)
17:00~20:30OS
定休日

>>田園キッチン