「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > くまもと おふろのまちめぐり 「くまもとのおふろ」Best10

くまもと おふろのまちめぐり

県内に118カ所もの温泉が点在している熊本。入りたいと思ったらすぐに入れるからか、熊本では温泉のことを“おふろ”と呼ぶことも。「おふろのまちめぐり」最終回の今回は、読者の皆さんが選んだ「くまもとのおふろBest10」をご紹介します。

メールマガジン「気になる!くまもと」700号記念キャンペーンとして、2015年2月19日から3月4日にかけ、読者の皆さんが選ぶ「行ってみたい!」くまもとのおふろ投票を実施しました。たくさんの投票、ありがとうございました。プレゼントに当選された方にはメールでお知らせしますのでお楽しみに!

第1位「入湯手形」を使った湯めぐりが人気!黒川温泉

見事、第1位に輝いたのは、阿蘇の黒川温泉。全国屈指の人気温泉という抜群の知名度も手伝ってか、今回の投票でも圧倒的な強さを見せました。黒川温泉で特に人気なのが、「入湯手形」を使っての露天風呂めぐり。1枚の手形で3カ所の湯に入ることができ、温泉街では、宿のゆかたに身を包んで湯めぐりを楽しむ人々をよく見掛けます。「入湯手形」が使える24軒の露天風呂を制覇すると受けられる特典もあるので、何度も通う楽しみもありますね。
>>黒川温泉観光旅館協同組合

これぞ阿蘇!の風景が楽しめる温泉 阿蘇・内牧温泉

第2位に選ばれたのは、阿蘇最大の温泉地である阿蘇・内牧温泉。阿蘇山の噴煙や外輪山などの雄大な阿蘇の風景を望む場所にあり、夏目漱石や与謝野鉄幹・晶子夫妻など文豪にも愛されてきました。湯量が豊富で、大型宿泊施設から懐かしい雰囲気の立ち寄り湯まで、バラエティー豊かな湯がそろっているのも魅力の一つ。無人の番台にチャリン、と小銭を置いて入るような素朴な立ち寄り湯にはファンが多く、立ち寄り湯目当てに遠方から何度も訪れる人もいます。

個性豊かな湯が楽しめる湧水の里 南阿蘇温泉郷

湧水の里として知られる南阿蘇温泉郷の特徴は、宿ごとに全く泉質が異なるといわれるほど、個性豊かな温泉が多いこと。豊かな自然を生かしたアウトドアスポーツも盛んで、美しい風景の中に点在する美術館やおしゃれなカフェ、雑貨店めぐりなど、温泉にとどまらず多彩な楽しみ方ができるのも人気の理由かもしれません。 今回の投票は、上位3位までを阿蘇の温泉が占める結果となりました。ひと口に“阿蘇の温泉”といってもそれぞれの湯の魅力はさまざま。熊本全域の温泉ともなれば、さらにバラエティー豊かです。豊富で個性あふれる“くまもとのおふろ”を、たくさん楽しんでくださいね!

Best10までを一挙ご紹介!

まだまだあるモン!くまもとのおふろ

118カ所もの温泉が点在するくまもと。
特集でご紹介しきれなかった“おふろ”の中から、少しだけご紹介します。

県内の中でも高いpH9.8以上のアルカリ度を誇る温泉。独特のとろりとした湯は、匂いもなく、柔らかな肌触りで、まるで美容液のように肌に良いと女性を中心に喜ばれています。中には九州トップクラスのpH10.7という温泉も。最近人気急上昇中の温泉です。

温泉の恵みを暮らしに「蒸し場」と「蒸し湯」

「びっくまもとスコープ」にも登場した、くまもとの秘湯。人々が集落のあちこちから噴き出す蒸気を上手に利用している、温泉が生活に密着した温泉地です。24時間利用可能なコインタイマー式の家族湯も人気で、自分でためる “おふろ”に大人も子どももワクワク。
>>「びっくまもとスコープ」
   湯けむりと暮らす里!?編

くまもとのおふろ情報

くまもとのおふろはこちらもチェック!

くまもと・ふろモーション課
TEL:096-333-2335