「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > くまもと おふろのまちめぐり 今月のおふろ 杖立温泉

くまもと おふろのまちめぐり

県内に118カ所もの温泉が点在している熊本。入りたいと思ったらすぐに入れるからか、熊本では温泉のことを“おふろ”と呼ぶことも。「ち~っと、おふろさん入ってくっね(ちょっと、おふろに入って来るね)」と、家のお風呂に入るような気軽さで、おふろのまちを巡りましょう。

 

今月のおふろ 杖立温泉

熊本県内の温泉地地図

1800年の歴史を刻む湯煙立ち上る 湯治の郷

弘法大師も感心した?元気になれる山あいの湯

熊本県と大分県の県境、阿蘇郡小国町にある「杖立温泉」。清らかな杖立川の流れの両側に旅館や民家が階段状に並び、まちのあちらこちらからは真っ白な蒸気が立ち上ります。
温泉の歴史は約1800年と古く、平安時代の初め、その効能に感銘を受けた弘法大師空海が持っていた竹の杖を立てたところ、節々から葉や枝が生えてきたのが「杖立」の名の由来になったとか。また、杖をついてやって来た人が、帰りには元気になって杖を忘れて帰ることからその名がついたともいわれています。
この言い伝えからもうかがえるように、杖立温泉は湯治場として親しまれてきました。無色透明でなめらかな肌触りの湯は、天然の保湿成分であるメタケイ酸を豊富に含み、美肌に効果が高いと評判です。

くまモン:おイモを蒸してる間にリフレッシュ!

温泉の恵みを暮らしに「蒸し場」と「蒸し湯」

杖立温泉の源泉は湯温が最高で約98度もあり、人々は昔からその恵みを暮らしの中に取り入れてきました。その一つが、住民や湯治客の共同の調理場といえる「蒸し場」です。温泉の蒸気で蒸し上げた卵やイモ、トウモロコシなどは甘さが増し、おいしさは格別!観光客が利用できる蒸し場も整備されているので、お好みの食材で、ぜひお試しください。
また、高温の源泉ならではの楽しみ方としておすすめなのが「蒸し湯」。蒸気を利用した“天然のサウナ”として、住民や湯治客に長く親しまれてきました。通常のサウナより温度が低く湿度が高いため、体にかかる負担が少ないと考えられています。ストレス解消や新陳代謝の促進、美肌、鼻づまりの改善などに効果があり、シャンプー後に入ると髪がしっとり潤うとも。
そこで杖立温泉では、昨年、女性が楽しめる湯治「杖立流NEO湯治」をスタートしました!熊本保健科学大学、九州大学、九州産業大学と温泉旅館がタッグを組んで、より美肌・美髪効果の高いプログラムを開発。新しい湯治の形として、今、注目を集めています。

杖立流NEO湯治
問:0967-48-0206(杖立温泉観光協会)

路地裏をひょいっとのぞいてレトロな世界へタイムスリップ

昭和の初期から中期にかけて、「九州の奥座敷」と称されるほどにぎわった杖立温泉街。当時の面影を今もとどめているのが「背戸屋(せどや)」と呼ばれる路地裏です。
杖立温泉では、みちくさ気分で路地裏をのんびり歩く「背戸屋めぐり」が人気。狭い通路や階段、増改築を重ねた建物などが複雑に入り組んだ背戸屋は、どこか懐かしく、それでいて知らない世界に迷い込んだような、不思議な気分にさせてくれます。
背戸屋や温泉を、より深く楽しみたい人にお薦めなのが、住民自らがガイドとなって杖立の魅力を紹介してくれる「みちくさ案内人会」。地元の人しか知らない、ディープな杖立温泉に出合えます。ワクワクしながら歩けば、健康づくりにもピッタリですよ!

杖立温泉みちくさ案内人会
参加費:500円(むし玉子とオリジナルタオル付き)
問:0967-48-0206(杖立温泉観光協会)※要予約
>>詳しくはこちら

くまモン:レトロでかっこいいモン♪

くまモン:あったか朝ごはんは早起きの価値ありだモン!

どちらも見逃せない!杖立温泉の新旧風物詩

春風の中、青空を泳ぐたくさんの鯉のぼり―――。今や全国各地でおなじみとなった「鯉のぼり祭り」の光景ですが、実は杖立温泉が発祥の地なのです。温泉街の中央を流れる杖立川の上に、約3,500匹の鯉のぼりが泳ぐ様は圧巻!40年近く続くこのイベントは、今年も4月1日から5月6日まで開催予定です。
杖立温泉春の風物詩としてすっかり定着した「鯉のぼり祭り」に続けとばかり、現在温泉街が力を入れて取り組んでいるのが、毎月第一日曜日に開催される朝市「杖立温泉みちくさ市」。地元産の野菜や木工品の販売などが行われています。朝市の目玉は何といっても、蒸し場体験もできる「杖立ほっこり朝定」。地元産の野菜や茶わん蒸し、おこわなどをその場で蒸していただきます。
次回の開催は3月1日(日)。その後11月まで毎月1回開かれる予定なので、早起きに自信がある方もそうでない方も、おいしい朝ごはんと朝風呂、そして温泉街の人々の笑顔で、スッキリ爽やかに1日をスタートできるはず!ぜひ杖立温泉にお越しください!

>>杖立温泉みちくさ市
※「杖立ほっこり朝定」は朝風呂券付きで1食1,000円。1日30食限定。好評につき予約がお勧めです

>>Movie!くまもと「温故知新・杖立温泉の挑戦!」

杖立温泉鯉のぼり祭り
期間:平成27年4月1日(水)~5月6日(水・振休)
問:0967-48-0206(杖立温泉観光協会)

ちょっと足を伸ばして お薦め!周辺スポット

鍋ヶ滝

杖立温泉がある小国町とお隣の南小国町からなる小国郷には、48もの滝があるといわれています。その中の一つ「鍋ヶ滝」は、滝の裏側に回り込める“裏見の滝”として有名。落差約10メートル、幅約20メートルにわたって水が流れ落ちる様子はうっとりするような美しさです。毎年、ゴールデンウィーク期間中はライトアップが行われ、より幻想的な雰囲気に。この時期、杖立温泉では「鯉のぼり祭り」も開催されているので、合わせて楽しみたいですね。

所:阿蘇郡小国町黒渕
問:0967-46-4440(小国ツーリズム協会)

くまモン:うっとり…だモ~ン。

おいしいものも見逃せない! お薦め!グルメ情報

写真:杖立プリン

杖立プリン

かつて旅人をもてなした伝説のお菓子「甘玉子(あまたまご)」を現代風にアレンジ。温泉の蒸気で蒸し上げ、小国ジャージー牛乳を使ったプリンは新たな杖立名物として大人気!
>&t;湯煙の郷のプリン伝説「杖立プリン」

写真:小国郷のハム・ソーセージ

小国郷のハム・ソーセージ

熊本県産豚肉のみを使い、JA阿蘇小国郷の直営工場で作ったこだわりの本格派。安心安全で深い味わい逸品です。小国郷の物産館などで取り扱っています。

写真:舞茸カレー

舞茸カレー

「自然豊富な小国郷はおいしい食材の宝庫!南小国総合物産館「きよらカァサ」では、地元で栽培したマイタケがたっぷり入ったカレーをいただけます。

杖立温泉までのアクセス

●車をご利用の場合九州自動車道福岡ICから鳥栖JCT、大分自動車道日田IC、国道212号経由で約1時間30分熊本市内から国道57号を阿蘇方面へ、阿蘇市から国道212号経由で約1時間40分

●飛行機をご利用の場合福岡空港から直行バスで約1時間50分

お問い合わせ先

杖立温泉観光協会

問:0967-48-0206

くまもとのおふろ情報

くまもとのおふろはこちらもチェック!

くまもと・ふろモーション課
TEL:096-333-2335