「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > くまもと おふろのまちめぐり 今月のおふろ 山鹿温泉・平山温泉

くまもと おふろのまちめぐり

県内に118カ所もの温泉が点在している熊本。入りたいと思ったらすぐに入れるからか、熊本では温泉のことを“おふろ”と呼ぶことも。「ち~っと、おふろさん入ってくっね(ちょっと、おふろに入って来るね)」と、家のお風呂に入るような気軽さで、おふろのまちを巡りましょう。

 

今月のおふろ 山鹿温泉・平山温泉

熊本県内の温泉地地図

肌に優しい湯を求め まち並みや里山の風情も楽しむ美人たび

湯上がりの肌が潤う“美人の湯”山鹿温泉

熊本県の北部は“美人の湯”といわれる温泉が多く点在する地域。山鹿温泉もその中の一つです。泉質は弱アルカリ性単純温泉。とろりとした透明な湯はまるで化粧水のようで、湯上がり後の肌がしっとりと潤います。湯量も豊富で、「山鹿千軒たらいなし」(たらいを使わずかけ流しの湯で洗濯する)とうたわれてきました。
山鹿温泉の歴史は古く、1,000年以上前に作られた平安時代の辞書「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」にも温泉地として登場しているほど。また、800年以上前、傷ついたシカが湯で傷を癒やしていたことから発見されたとの伝説も伝わっており、このことが「山鹿」という地名の由来となったといわれています。

くまモン:映画の世界みたいだモン!

歴史と文化に彩られたまち並みを歩こう

山鹿を訪れたなら、温泉と併せてぜひ楽しみたいのがまち歩き。豊前街道が横切る山鹿は、江戸時代、良質な湯が湧く宿場町として栄えました。その面影は今もまち並みに色濃く残っています。
豊前街道沿いには白壁の土蔵や古い町屋が並び、築100年以上が過ぎてなお現役の芝居小屋「八千代座」をはじめ、伝統の技を伝える工房、レトロな雰囲気の雑貨店やカフェ・食事処などが点在し、見どころ・立ち寄りどころがいっぱいです。
ゆっくり、のんびりそぞろ歩きを楽しんだら、無料の足湯で一休み。もっと本格的に“美人の湯”を味わいたい方には「さくら湯」もお薦めです。長く市民の温泉として親しまれていた「さくら湯」は、一度解体された後、平成24年に明治時代の雰囲気そのままに復元されました。伝統工法による重厚な玄関、大理石や木材をふんだんに使ったおふろなど、ぜいたくな雰囲気ながらとってもリーズナブル。今も昔と変わらず、地元の人々や観光客に愛され続けています。

>>さくら湯

のどかな里山に湧く “美肌の湯”平山温泉

山鹿温泉からさらに北へ車で10分ほど行ったのどかな里山の風景の中、20数軒の温泉施設が点在する平山温泉。アルカリ性単純硫黄泉の湯は美容液のようにとろとろで、昔から“美肌の湯”として親しまれてきました。近年、女性を中心に全国的な人気となりましたが、その起源は8世紀といわれるほど歴史のある温泉で、熊本城を築城した加藤清正公も、あせもの治療に通ったと伝えられています。
気軽に利用できるリーズナブルな旅館から、隠れ家的な情緒溢れる宿までバラエティー豊かな温泉宿がそろっているほか、日帰り湯・立ち寄り湯が充実しているのもうれしいところ。また、「ひらやま湯の里市」には、平山温泉の温泉水を使ったいきなり団子など地元の新鮮な農産物や手作り加工品が並びます。
四季折々の風景を楽しみながら“美肌の湯”に浸かり、豊かな自然の中で育まれたおいしいものをいただけば、体の外からも内からもきれいになれそう。

くまモン:とろとろのお湯でつるつるお肌になっちゃうモン♪

くまモン:和の雰囲気がステキだモン!

くまモン:うっとりするモン

優しい明かりに照らされた湯のまち・湯の里を楽しもう

山鹿・平山温泉では、2月から3月にかけて、温泉地を優しい明かりで彩るイベントが相次いで開催されます。
山鹿温泉では、2月の毎週金・土曜に「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」を開催。豊前街道を和傘や竹で作った明かりのオブジェが飾り、古き良きまち並みによりいっそう趣を添えます。期間中は、山鹿灯籠踊りと山鹿太鼓の競演が楽しめる「山鹿風情物語」や、「カメラ付きケータイフォトコンテスト」など、さまざまな関連イベントもめじろ押しです。
3月の毎週金・土曜日に平山温泉で開催されるのが「里山湯灯りめぐり」。手作りの明かりがともる湯の里は、いつにも増して優しい雰囲気に包まれます。この時季の平山温泉郷は一面の菜の花畑など春の里山ならではの風景が広がり、3月28日(土)には景色を楽しみながらのんびり歩く「菜の花・桜・湯灯りウォーク」も開催予定です。
また、山鹿・平山温泉を含む県北地域では、2月15日(日)まで「のほほん湯めぐり美人たび」キャンペーンを実施中!“キレイになれる”グッズなどが当たるビンゴラリーもあるので、“美人の湯”がひしめく県北の温泉地をめぐる旅に、ぜひ出掛けてみてください。

>>山鹿灯籠浪漫・百華百彩

平山温泉郷 里山湯灯りめぐり
問:0968-44-0522(平山温泉観光協会)

>>「のほほん湯めぐり美人たび」キャンペーン

ちょっと足を伸ばして お薦め!周辺スポット

ゆうかファミリーロード

旧山鹿温泉鉄道の廃線跡を利用した「ゆうかファミリーロード」は、熊本市と山鹿市を結ぶ全長34kmの自転車専用道路。沿線には山鹿温泉や植木温泉、古代から近代にかけての文化遺産など見どころもいっぱい。のどかな田園風景の中、のんびりと走る“ゆるチャリ”の旅を楽しんでみませんか。

>>ゆうかファミリーロード

写真: くまモン:メタボ予防だモン!

おいしいものも見逃せない! お薦め!グルメ情報

写真:美馬女ごはん

美馬女ごはん

“美”をテーマに、栄養価たっぷりでヘルシーな馬肉を使った山鹿のご当地グルメ。おいしく食べて、美しく健康に♪

問:0968-43-1579
  (山鹿地域観光推進協議会)
写真:菜の花米・菜の花油

菜の花米・菜の花油

平山温泉郷の菜の花を肥料に使った「菜の花米」と昔ながらの搾り方で作られた「菜の花油」。安心安全でおいしい里山の恵みを召し上がれ。

問:0968-43-4870
  (ひらやま湯の里市)
写真:山鹿羊羹

山鹿羊羹

「羊羹」なのに、羊羹じゃない!?こしあんを求肥で巻いたやさしい味わいは、季節のフルーツと一緒にいただくのもお薦め。

山鹿温泉・平山温泉までのアクセス

●車をご利用の場合
【山鹿温泉まで】
太宰府ICから菊水IC、県道16号経由で約1時間
熊本市内から国道3号経由で約40分
【平山温泉まで】
太宰府ICから南関IC、県道4号、195号経由で、約1時間
熊本市内から国道3号、県道315号、195号経由で約50分

お問い合わせ先

山鹿温泉観光協会

問:0968-43-2952

平山温泉観光協会

問:0968-44-0522

くまもとのおふろ情報

くまもとのおふろはこちらもチェック!

くまもと・ふろモーション課
TEL:096-333-2335