「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ > くまもと おふろのまちめぐり 今月のおふろ 南阿蘇温泉郷

くまもと おふろのまちめぐり

県内に118カ所もの温泉が点在している熊本。入りたいと思ったらすぐに入れるからか、熊本では温泉のことを“おふろ”と呼ぶことも。「ち~っと、おふろさん入ってくっね(ちょっと、おふろに入って来るね)」と、家のお風呂に入るような気軽さで、おふろのまちを巡りましょう。

 

今月のおふろ 南阿蘇温泉郷

熊本県内の温泉地地図

清らかな湧水の里はバラエティー豊かな“おふろ”が集まる いで湯の里

バラエティー豊かな温泉が集う湯の里

阿蘇カルデラの南側に位置する南阿蘇では、のどかな田園風景の中、数多くの温泉や名水が湧き出ています。ここの温泉は、宿ごとに泉質が違うといわれるほどバラエティーに富んでいるのが特徴。独特のにおいと白濁した湯が特徴の硫黄泉は血行促進の効果が高く、入るとポカポカに。無色透明で無味無臭の単純温泉は刺激が少なく、肌が弱い人でも安心です。ほかにも硫黄塩泉や炭酸水素塩泉などさまざまな湯があるので、体調や好みに合わせて選んでみるのもお薦めです。

写真:垂玉温泉

写真:栃木温泉

写真:白水温泉

写真:大阿蘇火の山温泉

写真:地獄温泉

くまモン:いろんなおふろが待ってるモ~ン♪

列車を降りたらすぐ“おふろ”!?温泉がある駅

「阿蘇下田城ふれあい温泉駅」は、全国でも珍しい“駅舎の中に温泉がある”駅。プラットホームと温泉の間を自由に行き来できるので、湯に浸かった後ホームで電車を眺めながら涼んだり、列車に乗って来て、ひと風呂浴びたらそのまま列車で帰ったり、などいうこともできてしまいます。「トロッコ列車」が通る時は、温泉の窓を開けて顔を出した入浴客と、トロッコ列車に乗った人々がホーム越しに言葉を交わす光景が見られることも。毎日通うという地元の人はもとより、全国からも人々が訪れる、湯の里・南阿蘇の名物駅です。

写真:阿蘇下田城ふれあい温泉駅、外観、浴場、トロッコ列車の到着した構内の様子

体全部で自然を満喫!南阿蘇のアクティビティ

変化に富んだ地形や美しい景観に恵まれた南阿蘇では、自然を生かしたアウトドアスポーツがめじろ押し。荒々しい火砕流の跡が残る火口周辺や、雄大なカルデラを見渡す外輪山を歩くトレッキング、草原の中を馬に乗って進む乗馬体験、体一つで渓流を下るキャニオニングなど、自然の中に飛び込んで、思いっ切り体を動かしてみませんか?2013年には南阿蘇村がアウトドアメーカー「モンベル」と提携し、地域ぐるみでアウトドアライフをサポートするエリアに。アクティビティの後は温泉に浸かって、ゆっくり疲れをとりましょう。
>>南阿蘇アウトドアField

※南阿蘇のアクティビティについては
 こちらもご覧ください
>>みなみあそ村観光協会
>>フレンドヴィレッジ 南阿蘇村

写真:トレッキングの様子。

写真:乗馬体験・煙のあがるカルデラ

くまモン:大自然を体いっぱいに感じるモン!

自然の中でアートに触れよう

南阿蘇の美しい自然はアートとも好相性。「葉祥明(ようしょうめい)阿蘇高原絵本美術館」や「阿蘇白水郷美術館」は、周りの風景と一体になった佇まいが印象的。豊かな自然が感性を刺激するのか、多くのアーティストが移り住んでいるのも南阿蘇の特徴です。そんなアーティストたちが集い、毎年秋に開催しているのが「谷人たちの美術館」。ギャラリーの開放や体験講座開催を通して、アーティストと南阿蘇を訪れる人々との交流を深めます。澄んだ空気と清らかな水、豊かな温泉、そこに住まう人々との触れ合い。夏から秋にかけての南阿蘇を、ぜひ訪れてみませんか。

>>葉祥明阿蘇高原絵本美術館Facebook

>>南阿蘇村 谷人たちの美術館2014

阿蘇白水郷美術館
住:阿蘇郡南阿蘇村大字一関1247−1
営:10:00~17:00(入館16:30まで)
休:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)
料:500円(高校生以下無料)
問:0967-62-8200

写真:葉祥明阿蘇高原絵本美術館

写真:「谷人たちの美術館」の一こま

写真:阿蘇白水郷美術館

ちょっと足を伸ばして お薦め!周辺スポット

南阿蘇の名水巡り

「昭和の名水百選」の「白川水源」、「平成の名水百選」の「南阿蘇村湧水群」と、一地域から2つも環境省選定の「名水百選」に選ばれている南阿蘇。南阿蘇の人々は、昔から豊富な湧水を飲料や農業用水などに使い続けてきました。今も地域で大切に守り継がれています。案内板も整備されているので、旅の途中に名水を巡って喉を潤してはいかがですか?
>>「白川水源」と「南阿蘇村湧水群」

写真:白川水源 写真:竹崎水源(南阿蘇村湧水郡) 写真:塩井社水源(南阿蘇村湧水郡)

おいしいものも見逃せない! お薦め!グルメ情報

写真:久木野そば

久木野そば

そばは南阿蘇村久木野地区の特産品。「久木野そば研修センター・そば道場」では、自分で打ったそばをその場で味わえます。

写真:高森田楽

高森田楽

南阿蘇の奥座敷・高森町の名物。湧水仕立ての豆腐や里山の滋味あふれる食材をいろりで焼き、自家製みそをたっぷり塗っていただこう。

写真:雄大な景色とシフォンケーキ・紅茶

カフェ・レストラン

自然の中に溶けこむようにカフェやレストランが点在する南阿蘇。地元食材を生かしたメニューを素晴らしい眺めと一緒にどうぞ。

阿蘇・内牧温泉までのアクセス

●電車をご利用の場合
JR熊本駅からJR豊肥本線でJR立野駅まで約50分
立野駅から南阿蘇鉄道に乗り換え、終点高森駅まで約30分

●バスをご利用の場合
熊本駅から白川水源入口まで約1時間40分、高森中央まで約1時間50分

●車をご利用の場合
福岡ICから熊本ICまたは益城熊本IC経由で約2時間

お問い合わせ先

南阿蘇村温泉旅館組合

問:0967-67-2226

みなみあそ村観光協会

問:0967-67-2222

くまもとのおふろ情報

くまもとのおふろはこちらもチェック!

くまもと・ふろモーション課
TEL:096-333-2335