「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ  > びっくまもとスコープ #11 火のついたワラを振り回す人々!?編

びっくまもとスコープ #11 火のついたワラを振り回す人々!?編 | 熊本県の情報サイト「気になる!くまもと」

引き続きダイエットに挑戦中のくまモン。今日は自然いっぱいの阿蘇で「阿蘇ダイエットプログラム」に参加しています

くまモン:「ダイエットの成功をお願いに阿蘇神社に来たモン!」

くまモン:「いつ来ても風情のある通りだモン♪もう少しで神社だモン♪」「びっくま!!」驚くくまモン。

くまモン:「みんなで火を振り回してるモン・・すごいモン!」

くまモン:「はっ、これってもしかして新しいダイエット法かモン?ボクもチャレンジしたいモン!」女の子「誰でも参加できるよ。やけどに気を付けてね」おしりに火がついて飛び跳ねるくまモン:「あっち~!!」

神々と共に暮らす人々 阿蘇神社の火振り神事

活火山をいただく阿蘇の人々は、太古の昔から火の山をおそれ敬ってきました。ここには今も、その深い信仰に培われたさまざまな農耕祭事が残っています。
日本有数の歴史を持つ阿蘇神社(阿蘇市)で、毎年3月、五穀豊穣を祈る「田作り祭」の一環として行われるのが、人々がカヤの束に火をつけて振り回す「火振り神事」。農耕の神である国龍神(くにたつのかみ)が姫神をめとるための祭事です。
姫神の御神体は、阿蘇神社から12キロメートル離れた吉松宮を出発。道中で食事やお化粧などを行いながら、阿蘇神社を目指します。夕闇迫るころ、阿蘇神社にたどり着いた姫神を幾重にも重なる炎の輪が迎えます。火振りが行われる中、拝殿では厳かに、神様の婚礼の儀が執り行われます。
このような農耕祭事のほか、草原を活用した独特な農業を営み、希少な草原性動植物が生育・生息する阿蘇は、平成25年、世界農業遺産に認定されました。

阿蘇神社 火振り神事
日時:平成27年3月21日(土)19時ごろから
場所: 阿蘇神社

>>Movie!くまもと「神様の結婚式!?
  阿蘇神社の火振り神事」


>>世界農業遺産“阿蘇”オフィシャルサイト

くまモン:「運動したらお腹すいちゃったモン…」「動いた後のごはんはおいしいモン」もりもり食べるくまモン。ダイエット中じゃなかったの~?