「気になる!くまもと」ロゴ

くまモンgif

TOPページ  > 赤いけん!ウマいけん!くまもと 農家ごはん&漁師ごはん #09 アシアカエビ

赤いけん!ウマいけん!くまもと 農家ごはん&漁師ごはん #09 アシアカエビ

真っ赤なトマトにスイカ、あか牛、クルマエビ、赤酒・・・熊本の“おいしい”は“赤”がキーワードです。
「農家ごはん&漁師ごはん」はおいしい“くまもとの赤”を生産者にご紹介いただくシリーズ。
今回は、不知火海(しらぬいかい)で伝統の漁法によって捕られている「アシアカエビ」をご紹介します。

昔も今も風に任せて

不知火海へと続く穏やかな入江に面した、芦北郡芦北町の計石(はかりいし)漁港。ここは、伝統漁法を営む「うたせ船」の母港となっています。ベテラン漁師・田平正彦さんは、「うたせ船」に乗ってハモやヒラメ、タコなどさまざまな海の恵みを捕り続けてきました。11月から3月までは、主にアシアカエビを捕っています。

「アシアカエビはその名のとおり、生の状態でも足が赤いのが特徴です。大ぶりで甘みがあり、身が締まってぷりぷりした食感がたまりません。私は塩焼きが一番好きですが、煮付けや天ぷら、刺し身やおどり食いもおいしいですよ」。港を前にして、田平さんは語ります。

大きいものでは体長25センチ以上、重さ100グラム以上にもなるアシアカエビ。そのおいしさはクルマエビに匹敵するといわれています。しかし、体力がなく、生きたままの輸送に向かないため、ほとんどが地元で消費されるのみでした。現在は冷凍技術が発達し、急速冷凍したアシアカエビが全国に向け出荷されています。

「うたせ船」は、大きな4本のマストと船の前後に突き出た2本の竹に帆を張り、風の力だけで海に投げ入れた網を引きます。田平さんが漁師になった当時、計石港では60隻以上の「うたせ船」が操業していたそうですが、現在は18隻とすっかり減ってしまいました。また、昔はよく吹いていた『鬼東風(おにごち)』と呼ばれる強い風が、今ではほとんど吹かないなど、自然も少しずつ変化しているのを感じるそうです。

しかし、いろいろなことが変わっても、「風に任せて漁をする方法は昔からずっと変わらない」と田平さん。「北風なら満潮のころ出港し、南風なら干潮のころに出る。網を引く方向は風によって変えるので、出港までは風を読むのに忙しいですね。いったん漁に出てしまえば、風に合わせて帆を調整しながら、のんびり海を眺めています」。

父親の跡を継いで漁師になって59年。「そろそろ船を降りることも考えますが、正月には孫たちが私が捕ったアシアカエビを楽しみに待っているし、『観光うたせ船』で乗せた修学旅行生たちが楽しんでいる様子を見るのもうれしい。まあ、ぼちぼち行きますよ」。風に任せて進む「うたせ船」のように、田平さんの生き方もまた、自然体です。

写真:港に停泊する漁船 写真:取れたての生きのいいアシアカエビ 写真:帆に風を受けて海を走るうたせ船 写真:船の上、語り、穏やかに笑う田平さん

受け継いでいきたい伝統の漁法

およそ400年前に始まったとされる「うたせ船」による漁。瀬戸内海が発祥といわれ、以前は全国の海で見られていましたが、今やそのほとんどが姿を消してしまいました。そのような中、芦北の海では今も「うたせ船」が伝統漁法を守り続けています。

大きく帆を張って青い海の上を進む姿が“白いドレスをまとった海の貴婦人”とたとえられるほど優雅な船ですが、漁獲高の減少や後継者不足など、厳しい課題も抱えています。そこで始まったのが「観光うたせ船」。観光客に「うたせ船」に乗ってもらい、漁を体験してもらうもので、現在15隻が「観光うたせ船」として活躍しています。

また、田平さんも所属する芦北町漁業協同組合では、新しくうたせ漁を始めたい人の受け入れも歓迎しています。田平さんも、「来てくれる人がいるなら教えたい」と話していました。日本にもうほとんど残っていない伝統漁法を営む「うたせ船」。長く残していくための取り組みが続いています。

取材協力
>>芦北町漁業協同組合

写真:うたせ船の船上の様子 写真:うたせ船での食事、新鮮な魚介を使った郷土料理が並ぶ

「観光うたせ船」では、漁体験のほか、漁師手作りの船上料理も楽しめる(別料金)

くまモン:チェッくま♪

たびらさんちの「アシアカエビ」レシピ

アシアカエビの
しゃぶしゃぶ

孫たちは塩焼きよりしゃぶしゃぶの方が好きらしく、お正月に皆が集まった時のわが家の定番料理です。アシアカエビがメインなので、野菜は白菜と白ネギ程度でシンプルに作ります。エビをしゃぶしゃぶにして食べるのはほかの地域ではあまり聞きませんので、産地ならではなのでしょう。特に生のアシアカエビが食べられるのは芦北だけですから、私たちはぜいたくなのかもしれないですね。

写真:田平さん

写真:アシアカエビのしゃぶしゃぶ

材料(4人分)

アシアカエビ・・・・・・・・
12~16尾
白菜 ・・・・・・・・・・・・・
1/4個
白ネギ ・・・・・・・・・・・・・・
2本
お好みでニンジン、大根など
 
水・・・・・・・・・・・・・・・・
適量
ポン酢・・・・・・・・・・・・・・
適量

※材料の分量は適宜加減してください

作り方

  • (1)アシアカエビは洗って頭と足を取り除き、殻をむく
  • (2)白菜はざく切りに、白ネギは斜めに薄く切る
  • (3)鍋に水と野菜を入れ、火にかける
  • (4)煮立ったらアシアカエビを入れて軽く火を通し、野菜も一緒にポン酢でいただく。