TOPページ  > 住みたい > I LOVE くまもと vol.15 人とモノ、人と人との出会いを生み出す、居心地よい文房具店であり続けたい

I LOVE くまもと vol.15 人とモノ、人と人との出会いを生み出す、居心地よい文房具店であり続けたい

くまもとには、さまざまな思いを抱いて県外から移り住んできた人がいます。
「I LOVE♡くまもと」は、移住者が感じる“くまもと”を、日々の暮らしを通して語ってもらうシリーズ。
今回登場するのは、5年前に熊本市内に文房具店をオープンした鹿児島県出身の伊牟田弘恵さんです。


尊敬する上司の言葉を胸に、新天地・熊本へ

故郷の鹿児島から福岡の大学に進学し、卒業後そのまま福岡で就職。水洗金具を扱うメーカーの営業として九州各地を飛び回っていました。やりがいを感じながら仕事を続けていた時、尊敬していた上司が病気で他界してしまうという出来事がありました。彼女からいつも言われていたのが「人生は一度きりだから好きなことをやりなさい!」という言葉。人生を思いっきり楽しんでいた彼女のように、私も自分のやりたいことにチャレンジしようと、ずっと好きだった文房具のお店を開くことを決意。仕事で流通や販売の基礎知識を身に付けていたことも後押しになりました。

学校や劇場などが点在する落ち着いた地区の一角にある「ミドリネコ舎」

営業で訪れた各地で、時間を見つけては趣味の文房具店巡りをしていた経験から、熊本には文房具店が少ないと感じていました。ならばここに新風を吹き込もうと2007年に熊本へ。住まいと店舗を探しながら1年かけて文具や流通の専門知識を深め、翌年春、文房具店「ミドリネコ舎」をオープンしました。
お店では、デザインはもちろん、実用性や機能性に優れた文房具や雑貨を中心に、私が見て、触れて、“かわいい~”“幸せ~”と心から思ったモノたちを販売しています。
その中には、熊本の人々が時間をかけ、心を込めて作った作品や食品もあります。それらはなぜか女性の手によるものが多いのです。女性ならではの柔らかさや温かみの中にも、自信と情熱を持って仕事に向き合っている彼女たちの力強さが感じられ、同じ女性として共感できるからかもしれません。彼女たちの頑張りに「私も頑張ろう!」と力をもらっています。

フランスやドイツ、ベルギーなどヨーロッパ各地から買い付けたこだわりの文具や雑貨を約2,000点販売している

絵本から男性向けビジネス手帳や万年筆まで幅広い品揃え

引き出しの中までカラフルな雑貨がいっぱい。「宝箱を開くようにワクワクしながら開けてほしい」と伊牟田さん


モノから得られる幸せを熊本の人たちと共有していきたい

オープンから5年余り、徐々に熊本の文具や雑貨好きの皆さんがお店に来てくださるようになり、今では作家さんやアートの分野の方々を中心に、多くの人と交流を持つようになりました。 私が作品から感じた幸せを多くの人に体感してもらえるよう、お店ではワークショップやイベントなどを定期的に開催し、大好きな作家さんたちの作品展示の場にもしています。
実は熊本に出店を決めた時、友人から「熊本の人は、よそ者をなかなか受け入れないといわれているからね」と心配されたことがありました。しかし、実際はそんなことは全くありませんでした!引っ越して来た私にいろいろ教えてくださった近所の方も、お客さんも、熊本に来て出会った友人も、皆さんいつも親身に相談に乗ってくれ、手を差し伸べてくれました。本当に感謝しています。

店奥は作家さんのための展示やイベント用スペース。
ステンドグラスやブックカバー作り、イラスト展など多い時は月8回もイベントを開催

海も山も繁華街もある熊本は、地域ごとに自然も街並みも変化に富んでいます。そんな熊本での楽しみは、休日に山鹿や阿蘇などに出掛けること。熊本市内から車でたった1時間程の場所なのに、遠くに旅行に来たような別世界の雰囲気を楽しめるのが魅力です。
今、大好きな文房具と熊本で出会った方々に囲まれ、毎日が本当に充実しています。お客さんに「ミドリネコ舎は熊本になくてはならない店だね!」と言われると、恥ずかしいながらもとてもうれしくありがたい思いでいっぱいになります。これからも、人が自然に集まり、ほっとできる文房具店を目指して、この場所で大好きな文房具の魅力をお客さんと共有していきたいです。

懐かしく温かい雰囲気の山鹿の街並みが伊牟田さんのお気に入り

伊牟田さんが惚れ込んだ品の数々。作り手の方々とはプライベートでもお付き合いする仲

明るく笑顔がすてきな伊牟田さんとの会話を楽しみに多くのお客さんがお店に集まる


熊本は「わさもん」という方言があるように「新しいもの好き」な人が多いといわれています。お客さんを飽きさせないためにも、日々少しずつ模様替えをしたり、ワークショップを行ったりと工夫をしています。自分のこだわりは崩さず、お客さんに喜んでもらえるお店づくりを心掛けています。


人口約73万人の政令指定都市。
「森の都」と呼ばれる緑豊かな市街地には、熊本城や「平成の名水百選」に選ばれた水前寺江津湖湧水群がある一方、西日本最大級のアーケード街も有するなど、落ち着いた佇まいとにぎやかさが共存しています。






>>詳しくはこちら