TOPページ  > くまもとたび日記 > 冬のロマンチック旅行 天草・宇城旅編

くまもとたび日記 冬のロマンチック旅行 天草・宇城旅編

くまモン:1日目スタートだモン!

長部田海床路

海の中に電柱が!?不思議すぎる光景にびっくり

潮が満ちれば海上に電柱だけが連なり、潮が引けば干潟の中を走る一本の道が現れる・・・。そんな不思議な光景に出会える場所。ここの海岸は遠浅なため、船を港に着けることができず、干潮時、港と沖に止めた船との間をトラックで行き来できるよう、このような道が造られました。ほかでは見られない光景は多くの人の心をとらえ、写真撮影などに訪れる人が絶えません。

住:宇土市住吉町長部田

問:0964-22-1111
  (宇土市商工観光課)

写真: くまモン:

海の駅・道の駅 宇土マリーナ
おこしき館

桟橋に横づけされた船を眺めて一休み

ここは、海の駅「宇土マリーナ」と道の駅「おこしき館」が一体となった施設。「宇土マリーナ」からは、白い船と海、さらには遠く長崎・雲仙も望めます。「おこしき館」の人気ご当地アイス、宇土の特産品を使った網田ネーブルソフトや焼きのりソフトなどもお薦めです。

>>海の駅・道の駅 宇土マリーナ おこしき館

住:宇土市下網田町3084-1
問:0964-27-1788

写真: 写真: 写真:

三角西港

120年前の港町にタイムスリップ

730メートルにも及ぶ石積みの埠頭や水路、石畳などに明治時代の面影をそのまま残す「三角西港」。「三角西港」が構成資産の一つとなっている「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」は、世界遺産候補として、今年、ユネスコへの推薦が決定しました。国登録有形文化財の「旧三角海運倉庫」は明治20年に建てられ、現在は改修の上、レストランとして利用されています。天草の海を眺めながら、歴史ある建物でランチはいかが?

住:宇城市三角町三角浦
問:0964-32-1604(宇城市商工観光課)

>>三角西港(宇城市HP)
>>三角西港公式サイト

写真: 写真:

﨑津天主堂

港町の人々の祈りが込められた教会

静かな港町に、そっと佇む素朴な教会。キリスト教弾圧の時代、絵踏みが行われた庄屋屋敷跡に建てられました。正面はコンクリート造、後ろは木造になっており、内部は畳敷きという大変珍しい教会です。この教会を中心とした崎津集落は、世界遺産候補の「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産となっています。

>>﨑津天主堂

住:天草市河浦町崎津539
問:0969-22-2243
  (天草宝島観光協会)

写真:

大江天主堂

天草の青い空に映える白亜の教会

キリスト教解禁後、天草で最初に建てられた教会。現在の建物は、昭和8年(1933)、フランス人宣教師ガルニエ神父が私財を投じ住民らと協力して建築したものです。ガルニエ神父は50年間にわたってこの地で布教に務め、「パアテルさん」(神父さん)と呼ばれ住民に慕われました。

>>大江天主堂

住:天草市天草町大江1782
問:0969-22-2243
  (天草宝島観光協会)

天草西海岸サンセットライン

赤く染まる海を見ていると風の冷たさも忘れそう

天草西海岸沿いの道は美しい夕日が見えることで知られ、サンセットラインと呼ばれています。今夜の宿までの道のりは、夕日を眺めながらのドライブ。夕日鑑賞にお薦めのスポットが点在しているので、ぜひ立ち寄って、雄大な天草灘を夕日が染めて行く絶景をゆっくりと眺めよう。

天草の夕日写真コンテスト開催!

第2回「天草夕陽八景」写真コンテスト

写真: 写真:

写真:

くまモン:

下田温泉

湯ったり、ほっこり、温まろう

天草灘へと流れこむ川沿いにホテルや旅館が建ち並ぶ温泉街。天草で最も古い歴史を持つ温泉で、約700年前、一羽のシラサギが源泉で傷を癒やしていたことから発見されたと伝えられています。体を芯から温めて、お風呂の後は天草の新鮮な海の幸をどうぞ。
平成25年12月29日(日)まで、「伊勢エビグルメプラン」も開催中です。

所:天草市天草町下田北
問:0969-42-3239

>>下田温泉旅館組合
>>伊勢エビグルメプラン

あまくさロマンティックファンタジー
期間:平成25年11月30日(土)~平成26年1月15日(水)

冬の天草お薦め情報

冬の夜、天草は輝く光に包まれます。冬の天草恒例のイベント「ロマンティックファンタジー」は、全8カ所のイルミネーションのほか、アカペラコンサートやクリスマスマーケットなどイベント盛りだくさん!この季節だけのロマンチックな天草を満喫しよう。
>>チラシのダウンロードはこちら

写真: 写真: 写真:

くまモン:2日目スタートだモン!

ハマジンチョウ群生地

冬の潮風に負けずけなげに咲く花

苓北町の富岡半島にある「頼山陽公園」では、県指定天然記念物「ハマジンチョウ」の群生が見られます。「ハマジンチョウ」は絶滅危惧1A類に指定されている希少な植物。1~3月には、潮風に耐えて、淡く可憐な薄紫色の花を咲かせます。

所:天草郡苓北町富岡三四町地内「頼山陽公園」

問:0969-35-1111
  (苓北町産業振興課)

写真: くまモン:

富岡城/
熊本県富岡ビジターセンター

昔も今も天草を見守る城

天草下島と細い砂州でつながった高台の上に建つ「富岡城」は、天然の要塞として、天草・島原の乱では一揆軍の猛攻に耐え、乱の早期終結と後の徳川幕府の安定をもたらしたとされています。現在は本丸跡に、天草地域の自然景観、歴史・文化、環境などを紹介する「熊本県富岡ビジターセンター」が置かれ、櫓や高麗門なども復元され、往時の面影をしのぶことができます。城跡から眺める袋湾の美しい風景もお薦め。

>>熊本県富岡ビジターセンター

住:天草郡苓北町富岡字本丸2245-15
問:0969-35-0170

写真:

天草ちゃんぽん&海鮮グルメ

天草の最新ご当地グルメ&定番グルメ

天草ちゃんぽんは知る人ぞ知る日本三大ちゃんぽんの一つ。その天草ちゃんぽんに、今年の秋、新しいちゃんぽんが登場しました。その名は「天草Sea×Oh!南蛮ちゃんぽん」。天草のこだわり食材(クルマエビ、タコ、天草産ブランド豚)のどれかをメイン具材とする、天草の塩を使う、オリーブオイルで炒めるなど、7つのこだわりを満たした、13店舗19杯のオリジナルちゃんぽん。
もちろん、海に囲まれた天草ならではの新鮮な海の幸もお薦め!

>>天草Sea×Oh!南蛮ちゃんぽん

問:0969-26-4011
  (天草ちゃんぽん連絡協議会)

写真: 写真:

道の駅 有明 リップルランド

幸せを呼ぶタコパワーが満ちている!

町の特産品であるタコにちなんだ開運グッズやスポットが満載の道の駅。五多幸(ごたこう)広場に願いを込めて絵馬を飾り、幸せを呼ぶタコグッズをゲットして、恋愛成就や金運・商売繁盛、合格などを目指そう!

住:天草市有明町上津浦1955
問:0969-53-1565

>>道の駅 有明 リップルランド

写真: くまモン:

千巌山展望所高舞登山展望所

美しい天草の風景を満喫!

天草を離れる前に、高台から風景を楽しみましょう。「千巌山展望所」は天草・松島の島々や天草五橋はもちろん、天気が良ければ阿蘇まで見渡せます。近くには標高177メートル、「日本の夕陽百選」に選ばれた「高舞登山展望所」もあり、こちらも眺望抜群!

問:0964-56-5602

 (天草四郎観光協会)

写真:

御輿来海岸

ここでだけ、この時だけ見られる風景に会いに行こう

干潮時、砂地に現れる美しい砂紋が多くの人を引き付ける、宇城地域を代表する名所の一つ。中でも干潮時刻と日の入りが重なる時は、あかね色に輝く海と黒い砂地のコントラストが絶景を描き出し、特にお薦めです。日の入りの前後1時間に干潮が当たるタイミングがベストなので、干潮と日の入りの時間をチェックして行きましょう。一生心に残る風景に出会えますよ。

住:宇土市下網田
問:0964-22-1111(宇土市商工観光課)

「御輿来海岸」の干潮と日の入りの時間の情報はこちら

マップ