TOPページ  > くまもとたび日記 > 親子でリーズナブルに過ごすくまもとの休日 part2 くまもと旅日記番外編

遊水峡・矢谷渓谷・球泉洞

「遊水峡」は、大自然が織りなす四季折々の風景が楽しめる場所。ここには長さ300メートル、幅約25メートルの天然のウォータースライダーがあり、大迫力の水遊びが子どもはもちろん、大人にも大人気! また、「矢谷渓谷」にあるウォータースライダーもお薦め。緩やかだったり突然急になったりと変化に富んだ自然のままのコースはスリル満点!水の冷たさも忘れて夢中で遊ぶ子どもたちの、にぎやかな声が渓谷に響きます。

探検気分で“涼”を楽しみたいなら、「球泉洞」はいかが?九州最大級の鍾乳洞は年間を通して気温約15~16度のひんや~りスポット。「ファミリー探検コース」でさらに地底の奥深くに挑めば、きっと家族みんなの忘れられない夏の思い出になりますよ。

>>遊水峡

所:阿蘇郡小国町西里
問:0967-46-4562
  (遊水峡キャンプ場)
料:水遊びは無料

>>矢谷渓谷

所:山鹿市菊鹿町矢谷
問:0968-48-9156
  (矢谷渓谷管理棟)
料:無料。ただし清掃協力費として
  大人200円、子ども100円

>>球泉洞

住:球磨郡球磨村大瀬1122-1
問:0966-32-0080
料:高校生以上1,050円、
  中学生735円、
  小学生630円、
  幼児・3歳以上525円
  ※探検コースは630円プラス

江津湖・熊本市水の科学館

豊富な地下水に恵まれた熊本では、街中にも天然の“涼”スポットが。環境省の「平成の名水百選」に選ばれた「水前寺江津湖湧水群」に含まれる「江津湖」は、熊本市のほぼ中央にありながら1日約40万トンの湧水が湧き出る県民憩いの場所。湧水の涼やかさを求めて、多くの人が水遊びに訪れます。

また、「熊本市水の科学館」は遊びながら水について学べる施設。中池まわりには水を利用した楽しい仕掛けがいっぱいあって、小さな子どもたちに大人気のスポットです。

>>江津湖

問:096-360-2620
  (水前寺江津湖公園管理事務所)
料:無料

>>熊本市水の科学館

住:熊本市北区八景水谷1丁目11-1
問:096-346-1100
料:無料

御所浦ジオパーク・御船町恐竜博物館

ジオパークに認定された御所浦は、恐竜やアンモナイト、哺乳類の化石が発掘される「恐竜と化石の島」。ここでは誰でも、化石の発掘体験ができるので、「御所浦白亜紀資料館」でハンマーを借りて挑戦してみよう!

また、恐竜をはじめ脊椎動物や貝の化石がたくさん見つかる御船町の「御船町恐竜博物館」も、太古の生き物たちの生態や進化を楽しく学べる場所。化石採集やアンモナイトの断面標本づくりなど、いろいろな体験学習活動もできるので、ぜひ、親子で楽しんでみて!

>>「Movie!くまもと」恐竜サプライズ! ~太古のロマンを感じる旅へ~ Dino-Surprise!

>>化石発掘体験

所:天草市御所浦町
問:0969-67-2325
  (御所浦白亜紀資料館)
料:発掘は無料。
  ハンマー貸し出しは200円

>>御船町恐竜博物館

住:上益城郡御船町大字御船995-3
問:096-282-4051
料:入館料 大人200円、
  高校・大学生150円、
  小・中学生100円

動物触れ合い体験

最初はちょっとおっかなびっくりでも、最後はみんなニコニコになるのが動物たちとの触れ合い体験。雄大な阿蘇の絶景を望む「月廻り公園」では、ヤギやウサギ、馬などのおとなしい動物たちが芝生の上でのんびり過ごしているので、小さい子も安心して触れ合えます。素晴らしい景色を眺めながら走るゴーカートや草スキーなどもあるので、お弁当持参で丸一日遊ぼう!

「四季の里 旭志」の「ふれあい動物広場」にいるのは、カンガルーやワラビーたち。手から直接エサをあげたり、そっと体をなでてあげたりできますよ。キャンプ場や温泉を併設しており、自然の中、家族でゆっくり過ごせます。

>>月廻り公園

所:阿蘇郡高森町高森
問:0967-62-1628
料:ゴーカート1回1,000円(2人乗り)
  草スキー200円
  (道具レンタルの場合は300円)

>>四季の里 旭志

住:菊池市旭志麓2934-10
問:0968-37-3939
料:ふれあい動物広場
  中学生以上300円、小学生150円、
  幼児無料

イルカと出逢える(かも)スポット

“イルカ”といえば天草のイルカウォッチングが有名ですが、イルカに出逢えるチャンスはそれだけではありません!イルカウォッチングのメッカ・五和町にある「天草市総合交流ターミナル施設 ユメール」は、イルカに逢えるかもしれないスポット。運が良ければ、目の前の青い海を泳ぐイルカを目にすることができます。

また、三角西港では、石畳の埠頭のすぐ近くまでイルカの仲間「スナメリ」がやって来ることがあります。同じく長洲港もスナメリ目撃スポットの一つ。こちらは長崎の多比良港とを結ぶフェリーの上からよく見られます。楽しそうに泳ぐイルカやスナメリに出逢えたら、それだけで幸せな気分になれますね。

三角西港

住:宇城市三角町三角浦


長洲港

住:玉名郡長洲町長洲2168―25

>>天草市総合交流
ターミナル施設 ユメール

住:天草市五和町二江547
問:0969-26-4011

一本松公園・くま川ワイワイパーク・
芦北海浜総合公園

“石のかざぐるま”が目印の「一本松公園」のお楽しみといえば、全長90メートルを超えるローラーすべり台。高低差が激しいすべり台はスリル満点!鹿本平野を一望できる絶景も一緒に楽しんで。

“涼”も一緒に楽しみたいなら「くま川ワイワイパーク」へ。お城みたいにカラフルなアスレチックで汗をいっぱいかいたら、球磨川の清流が流れる遊水広場で火照った体をクールダウンしましょう。

「芦北海浜総合公園」では、水が入った透明な球体の中に入って斜面を転がる「ゾーブ」に、親子一緒に乗ってみよう。びしょ濡れになるけれど、海水浴場に隣接した公園なので水着のまま利用すれば大丈夫!

>>一本松公園

住:山鹿市鹿本町高橋 94
問:0968-46-5841
料:無料

くま川ワイワイパーク

住:八代市坂本町坂本3433-1
問:0965-45-2290
料:無料

>>芦北海浜総合公園

住:葦北郡芦北町大字鶴木山1400
問:0966-82-5588
料:入園無料
  (ただし駐車場1回につき500円)
 ゾーブ(海水浴シーズンはウェットタイ
  プのみ)1人乗り 大人800円、子ども
  600円

熊本市現代美術館・湯前まんが美術館・
県立装飾古墳館

熊本市の中心部にある「熊本市現代美術館」は企画展示室以外の入館は無料。貴重な美術書からマンガまでそろう図書室や、小さな子が遊べる木のプールなどを自由に利用できます。毎日19時からのピアノコンサートや定期的に行われる映画上映会など、無料のイベントが充実しており、身近にアートを感じたい人は要チェック!

「湯前まんが美術館」は、湯前町出身の政治漫画家、故・ 那須良輔氏の偉業を伝える美術館。那須氏の作品はもちろん、人気漫画の原画展なども開催されています。6月には「湯前まんが図書館」もオープン。あらゆるジャンルのマンガが5,000~6,000冊も常設されています。好きなマンガを読んでいると時間が経つのも忘れちゃう!?

古代のアートに触れたいなら「熊本県立装飾古墳館」へ。展示室には装飾古墳のレプリカがズラリ。古代人のアートセンスを体感したら、「古代体験教室」で古代人のアクセサリー作りや古代絵画に挑戦してみよう!

>>熊本市現代美術館

住:熊本市中央区上通町2−3
問:096-278-7500
料:入館無料

>>湯前まんが美術館

住:球磨郡湯前町1834-1
問:0966-43-2050
料:高校生以上300円、
  小・中学生100円、幼児は無料

>>湯前まんが図書館

住:球磨郡湯前町1822-4
  (ふれあい交流センター湯~とぴあ内)
問:0966-43-4143
  (湯前町観光物産協会)
料:無料

>>熊本県立装飾古墳館

住:山鹿市鹿央町岩原3085
問:0968-36-2151
料:一般410円、大学生250円、
  高校生以下無料。体験料別途

マップ