TOPページ  > くまもとたび日記 > はじめてのくまもとよくばり旅編

くまもとたび日記 はじめてのくまもとよくばり旅編

あなたは誰と、どんな旅に出掛けたいですか?このコーナーでは、くまもとのさまざまな旅のルートをご紹介します。今回のルートは、くまもと初心者さんにお薦め。「初めてだから、“これだけは外せない”見どころを全部回りたい!」というぜいたくな願いにこたえる、欲張りな2泊3日の旅です。

くまモンセリフ「1日目スタートだモン!」

特急「あそぼーい!」

遊園地みたいな列車で阿蘇へGO!

「あそぼーい!」写真

列車の外も中も、イメージキャラクター「くろちゃん」がいっぱい!特急「あそぼーい!」は、子どもがいつも窓側に座れるようシートを転換できる親子シート「白いくろちゃんシート」や木のプール、絵本の図書館などがある、まるで走る遊園地のような観光列車で、子どもも大人もワクワク! 空路で熊本に入るなら、阿蘇くまもと空港と肥後大津駅間を無料で走る「空港ライナー」が便利。肥後大津駅から「あそぼーい!」に乗り継ぐこともできますよ。

>>特急「あそぼーい!」

問:050-3786-1717(JR九州案内センター)

>>空港ライナー

問:096-293-3355(大阿蘇大津タクシー)

木のプール 空港ライナー 白いくろちゃんシート

自然の恵みいっぱいの
ごちそうランチ

水がおいしい阿蘇は、食べ物もおいしい

「高菜めし」写真

阿蘇駅でレンタカーを借りたら、ランチへ。阿蘇駅の周辺には、高菜めしやだご汁などの素朴な味わいの郷土料理のお店やオシャレなカフェがあって、おいしくてヘルシーな「あか牛」や採れたての地元野菜を使ったメニューがいただけます。清らかな阿蘇の湧水に育まれた食材のおいしさは格別!

阿蘇といったらこれ!高菜飯とだご汁 阿蘇の食材がたーっぷり! あか牛やわらかーい

阿蘇中岳第一火口・草千里ヶ浜

す!すごい!大迫力!!

「阿蘇火口」写真

足元には噴煙を上げる火口。のぞき込むと、底にエメラルドグリーンの「湯だまり」が見えることも。ここは世界に誇る阿蘇のパワースポット。地球の底から湧き上がるパワーを吸収しよう。
火口に行く途中に広がる草千里ヶ浜は、昔々、火口だったところ。大草原の中、馬や牛がのんびりと草を食む風景は絵はがきのような美しさ。乗馬体験を楽しむこともできます。

阿蘇中岳第一火口

所:阿蘇市黒川

草千里ヶ浜

所:阿蘇市草千里
問:0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)

火口に行く途中で見える「米塚」 草千里ヶ浜

大観峰

大きな大きなお釈迦様の寝姿に手を合わせよう

「涅槃像」写真

雄大な阿蘇の風景を一望できる、阿蘇を代表するビュースポット。世界最大級のカルデラと、その中央にそびえる阿蘇五岳は必見!ここから眺める阿蘇五岳は、お釈迦様があおむけに横たわった姿に見えることから“涅槃像(ねはんぞう)”と称されています。

所:阿蘇市山田端辺

問:0967-32-1960
  (阿蘇インフォメーションセンター)

くまモンセリフ「ボクも横たわってみたモン」

内牧温泉

文豪たちに愛された温泉で湯ったり

「内牧温泉」写真

夏目漱石や与謝野鉄幹・晶子夫妻、種田山頭火など多くの文豪たちに愛された「内牧温泉」。旅館やホテルはもちろん、“町湯”と呼ばれる公衆浴場も充実しているので、地元の人々と触れ合いながらの気楽な湯巡りを楽しむのもお薦めです。

所:阿蘇市内牧
問:0967-32-1960
  (阿蘇インフォメーションセンター)

>>阿蘇温泉観光旅館協同組合

内牧温泉を訪れた与謝野夫妻

くまモンセリフ「2日目スタートだモン!」

熊本城・桜の馬場 城彩苑

天守閣から熊本を眺めれば気分はお殿様

「熊本城」写真

日本三名城の一つ、熊本城を散策しよう。勇壮な大小二つの天守閣、優雅な曲線を描く “武者返し”と呼ばれる石垣、きらびやかな本丸御殿大広間など、見どころ満載!お殿様気分の締めくくりには、本丸御殿の大御台所(おおおんだいどころ)で、熊本藩士の料理を再現した「本丸御膳」を味わってみては?
熊本城に隣接する「桜の馬場 城彩苑」もぜひ立ち寄りたいスポット。「湧々座」では熊本の歴史をバーチャルに体感!城下町の町並みを再現した「桜の小路」では、タイピーエンなどの熊本グルメや熊本特産品のお買い物を楽しんでみて。

熊本城

住:熊本市中央区本丸1
問:096-352-5900(熊本城総合事務所)
>>熊本城公式HP

湧々座

住:熊本市中央区二の丸1-1-1
問:096-288-5600

桜の小路

住:熊本市中央区二の丸1-1-2
問:096-288-5577
>>桜の馬場 城彩苑

お殿様も食べたかな?本丸御膳 くまモンセリフ「食べたいモン!」 桜の小路

特急「A列車で行こう」・
「天草宝島ライン」

シックな車両にジャズが流れる大人の観光列車・特急「A列車で行こう」と、海と島が織りなす美しい風景を堪能できる「宝島ライン」を乗り継いで、一路天草へ!本渡港に到着したら、レンタカーを借りよう。港から徒歩で約10分の本渡バスセンターまで、近くの営業所から迎えに来てくれます。レンタカーは翌日熊本駅もしくは阿蘇くまもと空港の営業所で乗り捨てできます。

>>特急「A列車で行こう」

問:050-3786-1717(JR九州案内センター)
>>A列車で行こう!~熊本の「大人な」楽しみ方~

>>天草宝島ライン

問:0969-56-2458

おしゃれなカウンターバーもあるよ~「「A列車で行こう」車内写真」 天草宝島ライン 新型旅客船「ビスタボニータ号」が3月9日に就航!

下田温泉

きれいな海を眺めながら入るお風呂・・・なんてぜいたく!

「下田温泉」写真

美しい天草西海岸に位置する、天草で最も歴史ある温泉街。温泉から眺める、天草灘を赤く染めて沈んでいく夕日は、思わずため息が出るほどの絶景。近くには「五足の靴文学遊歩道」があり、若かりし頃の与謝野鉄幹や北原白秋らがたどった道が往時の面影をとどめたまま残されています。

所:天草市天草町下田北
問:0969-42-3239

>>下田温泉旅館組合

足湯「下田温泉五足の湯」

くまモンセリフ「3日目スタートだモン!」

﨑津天主堂

「津天集落」写真

天草はキリシタンの歴史と共に歩んできた地域。崎津集落の町並みに溶け込むように建つこの教会もまた、人々の信仰心のよりどころとして、地域の暮らしを見守り続けてきました。内部は全国的にも珍しい畳敷き。神聖な祈りの場なので、節度をもって見学しよう。

住:天草市河浦町崎津539

問:0969-22-2243(天草宝島観光協会)

﨑津天主堂 くまモンセリフ「﨑津集落は、世界遺産暫定リストに記載された「長崎協会群とキリスト教関連遺産」の構成資産だモン」

内田皿山焼窯元陶芸体験

「天草白磁」写真1

国内産陶石の約8割が天草から産出されています。良質な陶石を使った天草白磁は、素朴な中にも洗練された白磁の美しさが魅力。17世紀に開かれた天草最古の磁器の窯跡・古内田皿山窯跡から見つかった陶片を元に、昔の手法を復元した内田皿山焼の窯元で、絵付けや手びねりの陶芸体験はいかが?

住:天草郡苓北町内田554-1
問:0969-35-0222

>>陶芸体験はこちら

「天草白磁」写真2

新鮮な天草海鮮グルメ

安くておいしい!天草の海の幸に大満足

「天草の新鮮な魚介類」写真

四方を海に囲まれた天草には、海鮮グルメを楽しめる食事処があちこちに。苓北町物産館のお隣にあるレストランでは新鮮な魚介類を、五和町ではユニークなウツボ料理や一年中おいしいウニグルメなど、バラエティ豊かな中からお好みに合わせてどうぞ。

ウツボ料理の数々~ 生ウニがたっぷり!生ウニ丼

イルカウォッチング

かわいいイルカたちに癒される~

約200頭の野生のイルカが生息する通詞島(つうじしま)近海。ひとたび海に出れば、逢える確率98%とも!好奇心いっぱいで人懐っこいイルカたちに癒やされて、元気をもらおう。

マップ