TOPページ  > くまもと王道グルメ >くまもとスイーツ代表 いきなり団子

くまもと王道グルメ くまもとスイーツ代表いきなり団子

「これぞ熊本!」といえるような熊本名物料理を紹介するこのコーナー。基本のツボはしっかり押さえつつ、熊本ツウも思わずうなるうんちくや最新情報などを織り込みながらお届けします!
熊本で最もポピュラーなスイーツは?と尋ねると、たぶんほとんどの人が「いきなり団子」と答えるでしょう。大人も子どもも大好きな古里の味を、「花より団子」にちなみ、ちょっぴりお花見情報も添えてご紹介します。

くまモン:これを食べずしてくまもとは語れないモン!

素朴さが魅力の「いきなり団子」

高冷地の気候と火山由来の土壌が育む

「いきなり団子」は、各家庭で昔から作られてきた素朴なお菓子。サツマイモを厚めの輪切りにし、小麦粉を練った皮で包んで、蒸し器などでふかすだけと、作り方も至ってシンプルです。熊本では「いきなりだご」(「だご」は熊本弁で団子のこと)とも言います。
今では餡と一緒に包むのが主流になりましたが、以前はサツマイモを直接皮で包んでいました。「いきなり団子」という名の由来は諸説ありますが、この、“サツマイモをいきなり(直接)包むから”という説と、“いきなり(突然)お客さんが来てもすぐに作れるから”という説が有力のようです。いずれにせよ、手軽に作ることができて飽きのこないシンプルな味わいが、長年多くの人に愛され、熊本を代表する郷土菓子になったゆえんでしょう。

写真:

続々登場!ユニーク「いきなり団子」

高冷地の気候と火山由来の土壌が育む

昔ながらの素朴な味が根強い人気を誇る一方で、進化した、ちょっと変わった「いきなり団子」も続々登場しています。 皮にムラサキイモや黒糖、ヨモギなどを使ったカラフルなものや、あずき餡の代わりにサツマイモの餡を使ったダブルサツマイモのもの、小麦粉ではなく米粉を練ったもちもちの皮で包んだものなど、さまざまな新しい「いきなり団子」に出合うことができます。
また、「いきなり団子パン」なるものも登場。見た目は「いきなり団子」のようですが、実は回りは黒糖風味のパン。中のサツマイモと餡がパンに絶妙にマッチした、風味豊かな逸品です。
熊本では観光地はもちろん、街なかのスーパーなどに出来立てのものが売られています。一個から買える場合が多いので、見掛けたら気軽につまんでみてください。もちろん、県庁の売店にもありますよ。

熊本市内のいきなり団子店情報はこちら
>>いきなり団子研究所(熊本市ホームページ)

写真: 写真: 写真: 写真:

「いきなり団子」の仲間たち

高冷地の気候と火山由来の土壌が育む

県内には「いきなり団子」のほかにも、昔から各家庭で作られてきた、サツマイモを使った郷土菓子があります。
県内各地に伝わるのが「ねったんぼ」。サツマイモを餅と一緒に蒸し、好みの量の砂糖を加えてつぶしたもので、適宜すくい取ってきな粉をまぶしていただきます。サツマイモそのものの味がして、まさに“おばあちゃんのおやつ”。地域によって「ねったぼ」、「ねたんぼ」、「ねったくり」などといろいろな呼び方があります。
また、天草地域に伝わるのが「がね揚げ」と「こっぱ餅」。「がね揚げ」は、細長く切ったサツマイモに衣をつけて油で揚げたもので、形がガネ(天草でカニのこと)に似ているためそう呼ばれます。「こっぱ餅」は乾燥させたサツマイモ(こっぱ)を蒸してもち米や砂糖と一緒に練ったもの。農家の保存食として、また、お土産として親しまれてきました。
実は熊本県は全国有数のサツマイモの産地。手に入りやすく、栄養豊富なサツマイモは、庶民の強い味方なのです。

写真: 写真: 写真:

くまもとお花見情報

高冷地の気候と火山由来の土壌が育む

熊本のソメイヨシノの見頃は3月下旬。県内には至る所に桜の名所があります。
「花より団子」とはいうけれど、一斉に咲き誇る桜の美しさはやはり格別。「いきなり団子」を持って、出掛けてみませんか。満開の桜の下で食べる「いきなり団子」はよりおいしく感じられるかもしれません。

写真: 写真: 写真: 写真: