TOPページ  > くまもと王道グルメ >“大人のくまもと”を味わおう 熊本のお酒とおつまみ

くまもと王道グルメ “大人のくまもと”を味わおう 熊本のお酒とおつまみ

「これぞ熊本!」といえるような熊本名物料理を紹介するこのコーナー。基本のツボはしっかり押さえつつ、熊本ツウも思わずうなるうんちくや最新情報などを織り込みながらお届けします!
清らかな水と豊かな作物を生み出す土壌に恵まれた熊本は、おいしいお酒にも事欠きません。今回は、焼酎、ワイン、清酒の3種類のお酒と、それらにぴったり合う熊本ならではのおつまみをご紹介します!

くまモン:これを食べずしてくまもとは語れないモン!

人吉球磨の自然が育む世界に誇る米焼酎

球磨焼酎

熊本県南部に位置する人吉球磨地域。日本三大急流の一つ「球磨川」が流れ、肥沃な大地が広がるこの地域では、500年の長きにわたり焼酎づくりが盛んに行われてきました。
米のみを原料とし、人吉球磨の地下水で仕込んだもろみを使用して、人吉球磨で蒸留・瓶詰めされた焼酎を「球磨焼酎」と呼び、現在、28の蔵元で製造されています。1995年には、世界貿易機関(WTO)によって産地を冠することを認められ、「スコッチウィスキー」や「ボルドーワイン」と肩を並べる世界的ブランドとなりました。また、今年の春季全国酒類コンクールの焼酎部門で、球磨焼酎の銘柄の一つ「球磨の泉」が1位になるなど、味も高く評価されています。
蒸留方法は2種類あり、「減圧蒸留」はすっきり軽やかな飲み心地に、「常圧蒸留」は香り高くコクのある味わいになります。さらに、使用する麹や酵母の種類、貯蔵の仕方などによって、その味と香りは千差万別!飲み比べて、あなたのお気に入りを見つけてください。

もっと詳しくは
>>球磨焼酎酒造組合

球磨焼酎用の酒器 写真:田んぼ 写真:球磨焼酎 写真:ガラとチョク(酒器) 写真:ソラギュウ(酒器)

くまモン:「ソラギュウは底がとがっているから飲み干さないと置けないモン」

夜摘みのブドウからつくる幻の極上ワイン

菊鹿ナイトハーベスト

ここ数年、ワイン愛好家などの熱い視線を集めているのが、山鹿市菊鹿町で栽培されたブドウを使った「菊鹿ワイン」。中でも「ナイトハーベスト」は、国際的なワインコンクールで日本産ワイン初の最優秀賞に輝くなど、数々の受賞歴を誇る極上のワインです。
「ナイトハーベスト」という名称は原料となるブドウを夜に摘み取ることに由来します。気温が低い真夜中に収穫し素早く搾汁することで、ブドウの酸化を防ぎ、軽快な酸味とみずみずしい果実感が特徴の香り高いワインを生みだすことができるのです。摘み取り作業は時間との勝負。ブドウ農家だけでは不足する人手を補うため、毎年、多くのワイン愛好家やソムリエなどがボランティアで参加します。
人気が高い上に生産量が少ないことから、入手が難しく、“幻のワイン”と呼ばれる「菊鹿ナイトハーベスト」。ワイン好きなら一度は飲んでみたい、憧れのワインです。

>>熊本の情熱が生んだ極上ワイン
   ~菊鹿ナイトハーベスト~

写真:山鹿市菊鹿町に広がるブドウ畑 写真:菊鹿ナイトハーベスト 写真:深夜に行われる収穫の様子

写真:全国の吟醸酒のふるさとは熊本?

熊本の清酒と「熊本酵母」

清らかで豊富な水に恵まれ、上質な米が採れる熊本は、清酒のおいしさでも定評があります。実は熊本では、江戸時代、「赤酒(あかざけ)」を「御国酒」とし、それ以外の酒の製造と藩内への流入が禁じられていたため、明治時代になり清酒の製造が解禁された当時は、清酒づくりで全国に遅れをとっていました。
そうした中、熊本の清酒の品質向上に大きく貢献したのが野白金一氏です。明治36年、熊本税務監督局に着任した野白氏は、地元業界がつくった研究所と共に清酒づくりの研究・開発に熱心に取り組みます。その結果、昭和初期には全国の品評会で県産の清酒が1位から3位までを独占するほどの高い評価を受けるようになりました。
野白氏の功績の一つが「熊本酵母」の開発。全国の吟醸酒の多くは「熊本酵母」もしくは「熊本酵母」を元に作られた酵母を使っており、今や熊本のみならず全国の清酒づくりに欠かせない存在となっています。
やがて他県へ異動となった野白氏は、人々の強い要望を受け、官を辞して熊本に戻り、その後も熊本の清酒づくりに尽力しました。今も“酒の神様”として、熊本の酒造家の尊敬を集めています。

赤酒についてはこちら
>>くまもとのお正月

写真:熊本酵母 写真:野白金一氏の銅像 写真:酒づくりの様子

くまモン:「野白氏の酒づくりが今も受け継がれているんだモン」

熊本のお酒をもっとおいしく

お薦めおつまみ

うまい酒のあるところ、うまいつまみあり!熊本の酒と食の文化が育んだ“くまもと王道”のおつまみといえば、「馬刺し」、「からし蓮根」、「ひともじのぐるぐる」でしょう。熊本城を築いた加藤清正公に由来するといわれる「馬刺し」、肥後細川藩初代藩主・忠利公の健康食と伝えられる「からし蓮根」。そして、「ひともじのぐるぐる」もまた、熊本のお殿様と深く関わる郷土料理です。
「ひともじのぐるぐる」は、藩の財政を立て直すため倹約を推奨した肥後細川藩6代目藩主・重賢(しげかた)公が、安くておいしい酒のさかなとして考案したものといわれています。「ひともじ」とはワケギに似た小ネギの一種で、「くまもとふるさと伝統野菜」に選ばれているほど県民には昔からなじみ深い食材。これをさっとゆがき、根本付近を芯にぐるぐる巻いたのが「ひともじのぐるぐる」です。酢みそやからしみそを添えていただきます。
“王道”の3つのおつまみは、どれもシンプルで素材の個性が生きた味わい。球磨焼酎、ワイン、清酒のどれに合わせてもおいしくいただけますよ。

>>馬刺し
>>からし蓮根
>>ひともじのぐるぐる

くまモン:「詳しくはこちらだモン」

写真:馬刺し 写真:からし蓮根 写真:ひともじのぐるぐる

気になる!くまもと特別企画 熊本の酒に合うオリジナル夏つまみ登場!

「熊本のお酒とおつまみ」特集を記念して「気になる!くまもと」オリジナルおつまみが期間限定で登場します!熊本のお酒が数多くそろう「くまBAR」とコラボし、球磨焼酎、菊鹿ワイン、熊本の清酒それぞれの味わいに合わせた3種類のおつまみを考案しました。使っている食材はもちろん熊本産!お酒とおつまみで、熊本を存分に味わってください。

提供期間:平成25年8月2日(金)~8月31日(土)
提供場所:くまBAR
住所:熊本市中央区下通1丁目7-14パラミビル2F
営業時間:19:00~翌2:00
休業日:日曜
問い合わせ:096-227-6959

写真:関係者による試食・選考会

取材協力店

株式会社熊本県酒造研究所

住/熊本市中央区島崎1-7-20
問/096-352-4921