TOPページ > 海と太陽と風の恵み天草の自然塩

海と太陽と風の恵み 天草の自然塩

昔ながらの自然塩づくりに欠かせないのはきれいな海水と太陽の光、そして風。美しく豊かな海と明るい太陽の日差しに恵まれた天草は塩づくりに適した土地です。海と光と風をそのまま包み込むようにして人の手で丁寧に作られる“天草の塩づくり”をご紹介します。

天草の塩

“塩”は海と私達をつなぐもの

徳島県出身の松本さんは、伊豆大島で自然塩復活運動に関わった後、21年前に天草市天草町大江に移り住みました。以来、目の前の海から海水をくみ上げ、自然のままの塩づくりを続けています。

「天草塩の会」代表 松本明生さん

塩の結晶一粒一粒に海をそのまま閉じ込める

丘の上に立つ白亜の教会「大江天主堂」で知られる大江は、青い海に面した静かな集落です。ここの海辺にひっそりとたたずむ素朴な造りの小屋が松本さんの仕事場である塩屋です。隣接するやぐら、結晶ハウスなど、ここにある建物は全て松本さんが自力で建てました。海からくみ上げられた水はコンクリート槽の上を流れ、木で組まれたやぐらの上から散水され、寒冷紗(黒い幕)を伝って滴り落ちることを繰り返す間に、太陽の熱と風の力で徐々に塩分濃度が高まっていきます。

ある程度まで濃度が高まると次の結晶化の工程へ。松本さんは2つの方法で結晶化を行っています。一つは太陽の熱で自然に結晶化させる方法。結晶ハウスに入れた海水を太陽の熱でゆっくりと蒸発させ、結晶化させます。もう一つは、釜で炊いて結晶化させる方法。小屋の中で、鉄釜に入れた海水を薪で炊きあげ、結晶化させていきます。前者を「天日塩」、後者を「煎熬(せんごう)塩」といい、口に含むと「天日塩」はマイルド、「煎熬塩」は辛さがガツンと迫ってくる感じです。「味わいの違いは結晶の大きさの違いからくるのでしょう。「天日塩」の方が結晶が大きいため辛さが和らぐのだと思います。成分はどちらも同じ。海そのままです」

「私の作る塩は何かを入れたり、何かを減らしたりなどせず、海水をそのまま結晶させたものです。結晶の一つ一つは海と同じミネラルバランスを持っています。海と人間の体のミネラルバランスは同じ。海そのままの塩は食べると抵抗なく体に入っていく。海と人間をつなぐものが塩だと思います」

天草の海

ハマユウ

周囲にはハマユウが
自生している

サンゴ

全て自力で建てた塩屋。
ここで約20年塩づくりを
続けてきた

塩屋を守る頼もしい仲間。三吉お父さん、小春お母さん、息子の梅吉

青い方が天日塩。赤いほうが煎熬塩。感じる塩辛さの違いはあるけれど、どちらもほのかな苦味や甘さを含んだ深みのある風味がする

塩を作ることは自然の循環の一部でいられること

若い時から「生きるということの根本は何か」を模索していた松本さんは、まず農業に、そして昔ながらの塩づくりの活動に関わりました。やがて「昔の塩屋のようなもっと素朴な塩づくりをしてみたい」との思いが強まり、塩づくりに欠かせないきれいな海を探し続けること2年。ついに見つけたのがこの天草の海でした。「この海にはサンゴがいるんですよ。水がきれいな証拠です」「天草には自給自足的な暮らしの名残があって、自らの作物を人に分け与えるといった人情があります。近年我々が切り捨ててきたものが残っているんです」

松本さんが自然塩づくりを復活させるに当たってさぞかし苦労も多かったのではと思いきや…「海水から結晶となり、人の体を通ってまた海へ-と、塩は海と人の体とを巡っています。塩を作っているとその循環の一部でいられるというじんわりとした安心感があります。自然塩をもっと知ってもらいたいという使命感もあったし、この仕事を辛いと感じたことはないですね」そう言って松本さんはおおらかな笑顔を見せます。「ここに習いに来て自分で塩作りを始めた人がもう7人くらい。それぞれ九州各地で塩づくりをされています。これから習いに来たいという人もいる。何より私の塩を楽しみに待ってくれている人たちがいる。だからまだまだ塩づくりはやめられません」

「春と秋には塩屋の上を鶴が渡っていくし、黄砂の季節には大陸からヤツガシラがやって来ます。鳥たちの回遊を見ていると、本来は人間も自然に合わせて生きるべきなのだと感じますね」
穏やかに巡る天草の自然の中で、今日も松本さんは塩を作り続けます。

天草の海の恵みを生かした本格的なタラソテラピー(海洋療法)を試してみては?人が本来持つ自己治癒力を高めてくれるタラソテラピー。命の源である海水に包まれて、体も心も癒やされましょう。

>> スパ・タラソ天草

美しい天草の海にはたくさんの野生のイルカが生息。一年を通してイルカウォッチングが楽しめます。出合える確率はなんと98パーセント以上!さあ、かわいいイルカたちに会いに行こう!

>> 天草宝島観光協会
>> 天草四郎観光協会

天草では数カ所で自然の塩づくりが行われており、見学や塩づくり体験ができる所もあります。自分で“手塩に掛けて”作った塩の味はまた格別。詳しくはお問い合わせください。

>> 天草海道博「天然塩街道」

シンプルな塩だけでなく、ヨモギやシソを加えるなど、工夫を凝らしたものも販売されています。また、天草の塩を使ったソフトクリームをはじめ、スイーツもいろいろ!

>> 天草海道博「天然塩街道」
>> くまもとの宝 うまかもん百貨店