TOPページ > 熊本駅からはじまる 人吉・球磨のアクティブな旅

MAPへ

熊本駅

熊本駅からスタート

熊本の玄関口・熊本駅に降り立ったら人吉・球磨の旅の始まり!レトロな外観と豪華な内装の「SL人吉」に乗車して、さあ出発進行!

列車の旅のお楽しみ

列車の旅の醍醐味の一つ“駅弁”。地域の特産品を使ったお弁当を「SL人吉」車中や駅で買って、旅をより楽しみましょう!

>>お弁当についてはこちら

>>くまもとグルメモ!
   「列車の旅で駅弁を食らう!」

駅弁

人吉駅着

レンタカーを借りよう。

一房杉トレッキング

約20本もの「千年杉」をはじめとした古木巨木が山道に並び、古くから霊峰とされてきた「市房山(いちふさやま)」。神秘的な雰囲気の中、森の空気を胸いっぱいに吸い込みながら歩けば、身も心もリフレッシュすること間違いなし!その癒やしの効果が認められ、熊本県で初の「森林セラピー基地」に認定されました。4合目にある「市房山神宮」は、縁結びの神様としても知られています。神様の宿る山で願掛けすれば効果抜群!?

市房山
所:球磨郡水上村

>>2011.12.6更新
   「グッと!もっと!くまもと」
   爽快!市房杉トレッキング

>>森林セラピーについて

くまモンと一房杉トレッキング

白龍王橋/白龍妃橋

白龍王橋/白龍妃橋

落差100メートルの雄滝と落差150メートルの雌滝からなる「白水滝(しらみずのたき)」。雄滝・雌滝それぞれに架かる「白龍王橋」と「白龍妃橋」は、歩く部分に透明のアクリル板を敷いてあるので、真上から100メートル以上下の滝壺を見ることができます。美しい山あいの風景と、ドキドキのスリルを味わってみてください。

住:球磨郡水上村江代白水
問:0966-44-0312(水上村役場)

>>白水滝

人吉温泉

お湯が柔らかく、美肌効果が高いと人気の「人吉温泉」。球磨川沿いにはホテルや旅館が立ち並び、訪れる客を温かくもてなしてくれます。今日一日の疲れを温泉宿で癒やしましょう。明日に備えて今夜は早めに「おやすみなさい」・・・

問:0966-22-1370
(人吉温泉観光協会)

>>人吉温泉観光協会

人吉温泉

球磨川ラフティング

球磨川ラフティング

ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートに乗って川を下るスポーツ。日本三大急流の一つである球磨川では、急流を生かしたスリル満点のラフティングが楽しめます。インストラクターが丁寧に指導してくれるため、初心者でも安心! 普段は見ることのできない川面からの景色、自然との一体感、そして仲間と力を合わせる連帯感など、爽快な気分を味わえる要素満載のお薦めレジャーです。

問:0966-25-6866
(球磨川ラフティング協会)

>>球磨川ラフティング協会

>>2011.9.1更新
   「くまもとサプライズ」
   リアルアドベンチャー in 人吉・球磨

人吉グルメ

実は熊本県人は、「人吉で何か食べよう」と言った時に「うなぎ」「ぎょうざ」「ラーメン」のいずれかを思い浮かべる人が多いのです。県内では言わずと知れた名物グルメのこの三つ、人吉を訪れたならぜひ味わってみて。ただし、うなぎは注文を受けてから炭火でじっくりと焼く店が多いので時間の余裕を持っていきましょう。

>>「くまもと 人吉球磨 ぐるめぐりん」 パンフレット(PDF)

国宝 青井阿蘇神社

人吉温泉

地元の人々から「青井さん」と親しみを込めて呼ばれている「国宝 青井阿蘇神社」。「阿蘇神社」(阿蘇市)に祭られる12神のうち3神を分祀し、人吉・球磨地域開拓の守り神として、約1,200年もの間あつい信仰を集めてきました。風格漂う楼門や社殿などは桃山様式と人吉地方独自の様式が融合した独特のもので、平成20年、国宝に指定されました。アクティブな旅の終わりには、無事に旅ができたことに感謝して拝殿で静かに手を合わせましょう。

住:人吉市上青井町118
問:0966-22-2274

>>国宝 青井阿蘇神社

人吉温泉物産館

人吉温泉物産館

「国宝 青井阿蘇神社」の隣にある足湯やレストランを併設した物産館。「宝来 宝くじ」と銘打った宝くじ売り場や、今ではなかなか見掛けなくなった丸型の郵便ポスト「願掛けポスト」などもあります。無料の足湯に浸かってのんびりおしゃべりするもよし、「球磨焼酎」など人吉・球磨ならではのお土産物選びを楽しむもよし。レストランでは人吉・球磨名物のアユ料理をはじめとした郷土料理も味わえます。アニメ「夏目友人帳」グッズもありますよ。

住:人吉市上青井町120-4
問:0966-22-1123

>>人吉温泉物産館

マップ

※コース内の到着・出発時間は目安です。※このページの情報は平成24年9月13日現在のものです。